FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
魔法の言葉
P1080043
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5  人形町 「初音」


ぜんざい
しるこ
あんみつ
みつまめ
くずきり
いそべまき
ところてん
しらたまあずき
くりきんとん
かきごおり


あたかも上等な
魔法の言葉のよう

そして沢山のバリエションがある

白玉クリームぜんざい
あんずあずきくりーむ
ばななみつまめ

こんな和スイーツの名前を見るだけで
至極上等な気分になれてしまうのだから
やっぱり魔法の言葉なんだね

スポンサーサイト



鎌倉生麩饅頭 麩帆 @由比ガ浜 
dd20090705-01.jpg
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

麩まんじゅうは、大好きな和菓子の一つ。京都に行くといつも錦市場の生麩やさんで麩饅頭の買い食いをするほど。

鎌倉にもこの麩饅頭の美味しいお店があると聞いて、食べたいとわがままを言ったのは僕である(笑)。幸い鎌倉文学館から程近い場所にあるので、みんなを引き連れて買い食いである。

ヨモギを練りこんだもちもちとした生麩の中に、上品な漉し餡がはいった麩饅頭は、やはりそれぞれの店でも味わいが異なる。

dd20090705-02.jpg

ここ麩帆の麩饅頭は、笹にくるまれて、なんとも上品。一つ170円。大きさからいうと、やや高めの値段設定だけれど、美味しさはなかなかのもの。

鎌倉散歩にはもってこいのおやつである。こいつをおいしい中国茶と一緒に食べられたら最高なのになあ。残念ながら麩帆は、こんなに立派な暖簾が出ているけれど、その横に小さな窓口風の売店があるのみ。まあ、買い食いは立ち食いが基本だから仕方がない(笑)。

麩帆
住所:長谷1-7-7
営業:10:00~16:00(品切れまで)
定休:月曜日
電話:電話:0467ー24ー2922
麩饅頭1個170円、生麩1本550円



鎌倉ミートアップ 力餅家
dd20090628-01.jpg
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

成就院から御霊神社へ向かう道すがら、老舗の和菓子屋さん「力餅家」がある。創業は今から300年前の江戸時代。


大きな看板、そして大きくて白い暖簾に黒い力餅家の文字。なんともフォトジェニックなこのお店は、この当たりの観光名所のひとつでもある。

創業以来作り続けられる自家製の餡と餅の「力餅」は、素朴な味わいなのだとか。

でも、まだおなかが空いていなかったので買い食いは自粛。あとから、麩まんじゅうをたべるためでもあるのだ。

ここから、一本道の先にある御霊神社へ向かった。

(写真は「この続きを読むからどうぞ!」)

この続きを読む
GW土産
dd20090513-01.jpg
Nikon COOLPIX P5100

GWは何処にも行かなかったけど、周りの人間は結構あちこちに旅行したみたいで、おやつにいろんなお菓子が出てきて、日本縦覧だ!なんて喜んでいたのだけれど、初めてのお菓子も色々とあったのだ。

佐賀のマルボウロウ、愛媛の柚子ゆべし、そして富士のさくらまんじゅう。他にも黒丸(これは山梨銘菓で食べたことある)とか、名古屋のきよめ餅とか。

この写真のさくらまんじゅうは、さくらの葉っぱが細かくして生地にまぜてあった。面白い味。みなさま、ご馳走様でした。

オフィスにはお菓子は置いてはいけない。
dd20090224-01.jpg


普段、オフィスではおやつは食べない。

最近は、保温式のタンブラーに沢山紅茶を作って、机の上においておき、それを飲みながら仕事している。このスタイルは休日自宅でPCに向かっているときと同じなのだが、自宅とオフィスの大きな違いは、お菓子が手の届くところにあるかないか。手の届くところにお菓子があるのは危険なことで、ついつい、気がつかないうちに手が伸びてしまう。なので、オフィスには、お菓子は一切置かないようにしているのだ。無ければ、食べることもない(笑)。

でも、時々だが、出張や旅行に行ったスタッフのお土産というのが回ってくることがあって、昨日週末のスキー土産の和菓子がいくつも回ってきた。

スタッフは、僕が上役だからといって、おかしを2つも3つも置いていこうとするので、「ああ、一つでいいよ」といって、自制することになる。もちろん、地方の有名な銘菓、たとえば、富山の月世界だったりすると、自制も吹っ飛ぶのだけれど(笑)。

今回も、会社の親睦組織のスキー合宿があったとかで、いろんなおかしが回ってきた。ここに写っているほかにも笹団子とかチーズケーキ風のスポンジケーキとか、そんなもの。

紅茶と和菓子は思いのほか合ったりするのだ。なので、ついつい手が伸びる。ああ、いけない、これは一つにして、残りは明日!なんて一生懸命自制するのだけれど、今回みたいにこれ、豆大福でしょう?!見たいな物があると、理性がぶっ飛ぶ。餡子ものは弱点なのだ。まあ、その分、ランチや夜ご飯を減らせばよい話なんだけれど。

だから、やはりオフィスにはスイーツ類は、やっぱりおいてはならないということなのだ。