FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
光を絡め取ること
SDIM4240
SIGMA DP2

透明感を出すことは難しい
透明感は光の把握の仕方の問題
でも、ついついカメラとかレンズのせいにしてしまう

もっといいカメラだったら
もっといいレンズだったら

眼に映るものは光の反射
それをどのように透明感あふれるイメージで
絡み取ることができるのか

カメラマンは光を操る
そして光を絡め取る
光を読めることがいい写真を撮る基礎の基礎なのだと
最近気がつけるようになってきた

ただ、気が付いたというだけで
これから基礎の「き」を学んで行くことになる
先の長い学び
でも、それはとても素敵なことなのだ
だって、光を操り絡め取るなんて
なかなか格好いいじゃないか








今日は18回目の結婚記念日
はやいなあ・・・。

スポンサーサイト



原稿書き
紅葉
SIGMA DP2

日曜日
本当はゆっくりしたかった
昨日2駒のテニス3時間
そのあとばたばたと会議

でも、All Aboutの記事と本業の会議資料の確認
そんなこんなで一日つぶれた日
このところ忙しいから
平日は何も出来ない
それはそれで仕方がないのだけれど・・・

だからtwitterであれこれつぶやいて憂さ晴らし(笑)
しかし、twitterでも仕事のことをつぶやきまくっている方、
疲れないのかな・・・
本業関係は一日に2つか3つで十分
楽しいことをつぶやいて
皆でわいわいやれればいいのだけれど
twitterは2007年からだからもうすぐ3年
時は早いね



東寺に何故薬師如来があるのか
東寺2009.11.27
SIGMA DP2

毎回京都駅の新幹線ホームから眺める東寺の五重塔
ほんの短い京都滞在だったのだが
どうしても東寺が見たくて
こそっと東寺まで駆けて行くことにした

ここは空海が唐から戻ってきて
最初に任された寺
真言宗ということになるのだが
どうみても、このお寺の作りとか
塔の形とかって真言宗らしからぬなあと思ってた

ましては本尊が薬師如来だという
ますますもって空海の寺?って感じではないのだ

だが実際に東寺にいってその謎は解決した
この寺自体は空海が戻る以前に立てられた寺なのだとか
だからまだ真言宗の教えに添った作りにはなってなかった
それゆえ本尊が薬師如来だったのだ

薬師如来はこの寺を建立した
桓武天皇の思いだったのかもしれない

しかし現存する薬師如来は、
江戸時代初期の作
空海の時より後
寺は灰燼と課し
その後豊臣秀吉が建て直しを命じ、
実際に再建されたのは関が原の後だったとか

でもなぜ真言宗の寺らしく建て替えなかったのか
おそらく古い形式の薬師如来だったため
再建した仏師が当時の姿にこだわったのかもしれない

少し新しく感じる綺麗な仏像ではあったが
400年の時を経て
今も荘厳な姿を金堂に鎮座させている
不思議な真言宗の寺
それが東寺だった

東寺庭園紅葉

京都の紅葉
SDIM4276
SIGMA DP2

日帰り出張で京都へ
久しぶりの京都だが
あまり時間はなくて
打ち合わせの合間に
南禅寺へ
でも、南禅寺の本堂とかへは行かず
脇にあった南禅寺天授庵へ
庭園に見事な紅葉
こんな季節に京都にきたのは
もしかしたら初めてか
もっとゆっくり京都をあるきたかった

南禅寺紅葉

そうだ!京都へ行こう
そんなCMのような写真はとれないけど
まあ、眼が直接紅葉を楽しめたので
今回はそれで由とするか

SDIM4216

この続きを読む
クイズ
昼の月
SIGMA DP2

真っ青
実はこの中にあるものが隠れているのだ
さあなんだろう!

答えは、画像をクリックし、写真の上のAll SIZESをさらにクリック
そしてさらにOriginalをクリックしていただくとわかるはず

青い空、好きだな

飲茶会@中国茶館二号店
dd20091125-05.jpg
Nikon Coolpix P5100

なんだか急にばたばたと池袋の中国茶館二号店で「飲茶会」をすることに決まった。メンバーは、去年の三月にお台場でイベントをした面々。中国茶館なんて、本当に10年ぶりぐらいに来たなあ。2650円食べ放題の飲茶を総勢7名で食い倒れ。いやア食べたなあ。

あれだけ食べて3000円しないというのは、コストパフォーマンス安いことこの上ない。味もまあまあだったし(除く杏仁豆腐(笑))。やはり中華は大人数に限る。

気に入ったのは大根餅と焼ソバかな。ダイエットはどうした?(笑)

dd20091125-09.jpg

他の写真も沢山あります。


この続きを読む
キャンパス
dd20091124-01.jpg
Sigma DP2

晩秋のキャンパス
なんだかちょっとまとまった勉強がしたくなった
いまなら、大学で何を勉強するだろう

経営学
法学
ファイナンス理論
それとも、昔諦めた考古学とか文化人類学?

大学の図書館は大好きだったな
特別奨学生だった特権で
書庫も入り放題だったし
沢山の本に囲まれた時間が好きだった

来年から某大学の講座を一駒受け持つことになったのは
ちょっとだけ嬉しかったりする
でも、キャンパスは遠いので
サテライト講義になるのだけれど

将来、どこかの小さな大学で
教鞭をとって生活できたら
それはそれでなかなか良いのではないかなとも
最近そんな風に思ったりする
dd20091124-02.jpg


クリスマスイルミネーション@多摩センター
dd20091123-01.jpg
Sigma DP2

多摩センターのイルミネーション
今年こそ・・・


ちゃんと撮りに行こう
D200を持って

この続きを読む
晩秋
dd20091122-03.jpg
SIGMA DP2

季節がめぐり
そしてまた晩秋に

木々が色づき
風に枯葉が舞う
コートの襟を少し閉じて
一人歩くのがお似合いの季節

dd20091122-00.jpg


この続きを読む
『2012』
dd20091121-01.jpg

TOHOシネマズ南大沢にて、5時10分から8時までの2時間50分、話題の「2012」を見てきた。もともとは、Adam Lambertの歌う主題歌「Time for Miracles」を聞きに行くというのが目的だったのだが(笑)、でも、破壊の限りを尽くすこの手の映画、嫌いではない。

ただ、9.11を経験しているアメリカ人が、あんな風に破壊する映画を許容するというのは、なんだか矛盾しているような気もしないでもない。

ストーリー自体は、突っ込みどころ満載の映画ではあったが、CGは良く出来た映画だ。マヤの伝承というのを持ち込みながら、キリスト教の教義をベースにしているという部分も、なんだかアメリカ人のえいがだよなと思う。

しかし、中国に船を作らせて「さすが中国」というのは、どういうことかと・・・(笑)。中国人が作った箱船では、怖くて乗れない・・・よな(笑)。

喜望峰へ向うという落ちも、非常に安価ではあるけど、まあ、そんなものか。

でも、こんな災害が起こっても不思議ではないのだろう。地球はいままで数回「極」が移動しているし、巨大隕石が飛来したこともあったし、大地震なども何度も起きてきたんだろう。氷河期であった時代もあるわけだから、本当に人間の生きているたかだか1万年程度の歴史は、地球の歴史から考えれば数秒なんだろうし、その数秒にまだ大きなことが起こっていないだけなのだろうと。

まあ、エンターテイメントだから、これはこれでいいのだろう。
が、しかし「アバター」が気になるぞ!(笑)





Such a beautifulday like this!
dd20091120-01.jpg
SIGMA DP2

このDP2は、太陽の下で使うのが正しいのだな
ただ、青が強い
まあ、そんなところも含めて
好きなカメラではあるのだけれど

天気がいいのがうれしい
忙しくてあれこれ考えることもできないけど
それもまた
進む道なのかもしれない

こんな天気のよい日は、
なにも考えずに
外に飛び出して
写真でも撮りに行きたいものだ



日本の行く先@戯言
dd20091119-01.jpg
SIGMA DP2

先週末に役所からでた宿題に
今週は忙殺される
各部署に課題を投げて
皆が頑張って取りまとめ

それにしても、
政権が変わるということは
こんなにいろんな部分に影響が出るものなのだな
事業仕分けにしろ
政務三役の権力にしろ
いずれにせよ
民主党のやり方は目新しいものばかり
それが好いというわけではちっともないのだけどね

ちょっと急ぎすぎている?
結果を出したいのは解るけど
全体を見ないで拙速な判断はどうなんだろ
デフレだといわれる中で、
きちんと検討もしないで
金融資本市場のあれこれを政治主導できめてしまうのには
ものすごく抵抗がある
役人には任せられないというのなら
皆集まってきちんと議論をしよう
そういう話ではなかったのか

金融庁政務三役で本当にマーケットが解っているのは
副大臣ぐらいなもの
しかし、副大臣にしたところで
どれだけ内容が事細かにわかっているか?
しかも海外の状況を把握して、それに立脚した政策を
きちんと議論していくには、
素人さんでは、ぜんぜんだめなのになあ

まあ、いずれにせよ
そんな素人議員をあれだけ国会に送り出させた
国民の責任だよね

僕は民主党支持者ではないけど
でも、自民党支持者でもない
いわゆる浮動票の一員?!
人で選ぶ選挙しようにも
人がいないよね
それは自民も民主も一緒
大体、金融大臣の人選からしてあれだからね
好きじゃない人が担当大臣というのは最悪だ

この先、日本は何処に行ってしまうんだろう

クリスマスモード
dd20091118-01.jpg
SIGMA DP2

つい先日までハロウィーンもーどだった某所のショーウインドウ
いまやすっかりクリスマスモード

忘年会の日程も詰まってきて
クリスマスなど端に追いやられる一方

そろそろ
コートでも欲しいなあ
あるいは、暖かいセーター?

dd20091118-02.jpg


アウトレットにも
dd20091117-01.jpg
SIGMA DP2

アウトレットに今年設置された新しいツリー
ISOの感度を上げると、ざらざらで駄目なので、
一生懸命手持ちで踏ん張ったけど、
やっぱりだめだった  の写真
うーん、夜景を綺麗に撮れる技を身につけたい



クリスマスツリー点灯 @南大沢
dd20091116-01.jpg
SIGMA DP2

夜景になるとだめだめのカメラ
ご愛嬌ってところか
南大沢のアウトレットに近い場所に毎年設置されるクリスマスツリー
今年も去年と同じで、青いイルミネーション
でも、もうそんな季節なんだなあ
寒いわけだ


夕暮れ
dd20091115-01.jpg
Nikon D200, TAMORN 28-75mm F2.8 MACRO

午前中、裏の上柚木公園を散歩カメラ
赤い紅葉
黄色いクヌギ
光と影
青い空
そんなものを写せたらいいのに

そんな天気だったので
夕暮れも綺麗だった
公園の高台に登って
丹沢に沈む夕陽を撮りたかったなあ

でも、大切な期末試験を前に
奮闘している息子に協力して
公民と技術の試験勉強に付き合った
公民といっても、政治学
なかなか面白い
もう少し突っ込んで経済もやればいいのに

あれこれ
dd20091114-01.jpg
Nikon D200, TAMORN 90mm F2.8 MACRO

午前中、神奈川の高校の入試説明会に
雨交じりの強い風が吹いて
まるで嵐のよう
駅から構内に続く銀杏並木が
すっかり黄色に色づいて
カメラを持っているけど
さすがに入試説明会で写真撮り捲っている親って(笑)

午後から恵比寿へ
地球に優しい中国茶交流会」へ
今回は取材のPressで
久しぶりにお会いしたみなさん
お久しぶりでした

美味しいお茶をご馳走様でした
是非またおさそいくださいませ

冬の花
dd20091113-01.jpg
Nikon D200, TAMORN 90mm F2.8 MACRO

13日の金曜日
無信人なので
そんなことはあまり気にならないのだが
なんだかこう忙しいと
うーん、誰かがいたずらしている?
なんて思ったり(笑)
まあ、仕事があることはいいことだ

寒椿が咲いていた
もうそんな季節



欲しいのはどちら?
dd20091112-01.jpg
Nikon D200, SIGMA 18-50mm F2.8 MACRO

昨日のブログ記事にもこそっと書いたけど、RICHから「GXR」という、いままでのデジカメとはまったく異なる新しいコンセプトのデジカメが公表された。GR Digitalの流れを汲むコンデジのカメラと画像素子だけ交換可能にした、画期的なカメラ。レンズと画像素子を一つの「カメラユニット」として交換が出来るというもの。しかも、そのような仕組みにしたためん、ASPサイズの素子の付いたレンズは、レンズシャッターになっているのだ。

カメラユニットは2種類。今までのコンデジズームと同じ機能のものと、ASPサイズの50mmマクロ。今までのコンデジズームのカメラユニットにはまったく興味がないが、ASPサイズの50mmがF2.5のマクロであることが、なんとも興味深い。

SIGMA DP2が35mm換算で約50mm。F値は2.8。しかしマクロ機能がない。50mmのカメラユニットだけをつけたカメラと認識しても、SIGMA DP2よりは機能的に使いやすそうだ。ただ、このユニットを装着した本体は、レンズばかり大きくて、やや不恰好か。実際にはどのぐらいの大きさなんだろう。今度、銀座に行く機会があったら、RICHのサロンで見てみたいものだ。

一方、今日さらに、Olympusから噂だったE-P2が公表された。E-P1の上位機種と位置づけられて、平行販売されるのだとか。あまり大きな違いを実感できないが、見た目は、ブラックボディーが出たことが大変よいなと思う。今までのカラーは、どちらかというとCamera Girl向け仕様とでもいう感じだった。

ASPサイズで明るいマクロレンズ付きのカメラは惹かれるなあ。ということは僕敵にはGXRに軍配という感じかな。あとはカメラユニットがどの程度の値段でどれだけ出るかだな。もしカメラユニットが思いのほかでないのであれば、資産的にはE-P2の方が使えそうなだけれど。

まあ、余計な物は要らないから、綺麗に写ればいいって感じなんだけどね。

価格はGXRが50mmカメラユニット付きで124600円、E-P2がパンケーキレンズ付きで124800円。どちらもほぼ同じ価格。

いったい、欲しいのはどちら?

体調不良
dd20091111-01.jpg
SIGMA DP2

昨日から体調不良

頭痛
喉痛
ダルさ

完全に風邪だよなあ
で、エスタックイブで撃退

しかし、今日は

腹痛
下痢

もう、どうなってるんだ?
別に会社行きたくない病じゃないんだけどね。
はあ、だるい。




昨日、リコーから「GXR」が発表された。なんでも、APS-Cサイズの撮像素子が50mm相当F2.5のマクロレンズに搭載され、素子付きレンズそのものを取り替える方式の全く新しいカメラ。

しかもコンデジ同様のレンズシャッター。なるほど、メリット盛りだくさんのカメラ。

APS-Cサイズの撮像素子というと、フォーサイズよりも大きいし、しかもボディーを小さくするためにレンズシャッターというのが素晴らしい。ただ、ボディー部分とレンズ部分が、如何してもかさばりそうだよね。どうなんだろう。

SIGMAのDP2と似たような感じだけど、是非とも比べてみたいものだ。ちょっとこころ惹かれるのが、MACROで明るいところだろうか・・・。

12月上旬発売。
プレスリリース
製品情報




想う
dd20091110-01.jpg
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

気が付くとため息を付いていたり
些細なことでイライラしたり

そんな日々は
ちっとも愉しいって思えない

どこで間違ってしまったのかと
常に自問して
でも結局答えが出ない

だからそんなときは
静かに目を閉じて、
想うことにしている

青い青い空と
キラキラ光る日差しを


大切なもの
dd20091109-01.jpg
SIGMA DP2

毎日欠かさず覗きに行っていた大好きなブログがいつの間にか無くなってた
その代わり、素敵な写真がアップされるブログを見つけた

何かをなくすと、
きっと他の代わりのものが見つかるのだろう
でも、代わりにならない大切なものをなくしたこともあったっけ
そうやって大人になってきた

何かを失って
何かを見つけても、
でも本質では同じものはないわけだから、
本当は代わりにはならないのだろう
だからこそ見つけたもの、
出会ったものは
大切にしないといけないのだと、
頭では思うのだ
でも、感情が付いていけなくなってしまって
そうやって失ってしまったものを
後から愛おしく思う
馬鹿な大人だね

dd20091109-02.jpg

今日の朝ごはんは
スタバのドライトマトとチーズのホカッチャ。

ダイエットはほどほど

遊び日和
dd20091108-01.jpg
au W61CA

団地内を歩く
こんなに天気のよい午後
子供の声がひびく
たしかに遊び日和だね

dd20091108-02.jpg


はつ恋
dd20091107-01.jpg
SIGMA DP2

♪友達ではいられないことも
 恋人には戻れないことも
 わかってるよ
 でもこのまごころを
 永遠(とわ)のはつ恋と呼ばせて♪

福山雅治





Black & White
dd20091106-01.jpg
Nikon D200, TAMRON 28-75mmF2.8 MACRO

考えてみれば、高校時代はいつも白黒のフィルムで写真を撮っていた
カラーの現像なんて自分で出来なかったから
暗室にこもって、
現像液のなで浮かび上がる黒い粒子を見つめながら
その絵を見るのが好きだった
手探りでネオパンやトライXをパトローネに巻く作業も
気心の知れた仲間とのたわいない話の中で
とても楽しい作業だったあの頃

CONATX Tに今入っているベルビアを撮り終わったら
ひさしぶりに白黒のフィルムを入れて
写真を撮ってみようかなと思った

追憶
dd20091105-01.jpg
SIGMA DP2

遠い記憶の底に沈んでしまっている思い
ふとしたことがきっかけで
時々そんな思いのいくつかが
浮かび上がったりする
楽しかった日々、
いとおしかった思い
やがて、また記憶の底に沈んで行くのだ

ふと、誰かに手紙が書きたくなった
つらつらととめどない情景を書き連ねただけの
そんな手紙を
最近めっきり手にすることが無くなった万年筆で
書いてみたいと思ったのだ

だが、もうそんな相手は何処にもいないことに
気が付いた

朝ごはん
dd20091104-01.jpg
au W61CA

最近会った友達に、太った?といわれた。そういえば、3年前の12月に開催された高校時代のクラス会で、「次回クラス会までには5kg痩せておきますから!!」と宣言したにもかかわらず、この3年間で体重は一進一退。で、いまはどちらかというと一退の方に針が傾いている状態。いつも、ここでダイエット!などとほざいていながら、結局は目の前のスイーツやら美食メニューの誘惑に負けてついつい手を伸ばしてきた。

でもね、最近自分の姿を鏡でみて、そろそろやばい?って本気で思いだしたのだった。

朝はパンとコーヒー。昼は極力軽く。夜は、ご飯を少なく。本当は、お昼は自分で作ったお弁当でも持参すればいいのかもしれないなあ。

友達に勧められたのが、「キャベツダイエット」。これは本当に効果があるらしい。毎日食事の前にキャベツを食べて満腹感を予め持っておく。そうすれば、他の食べ物を少なく出来るという仕組みらしい。

僕の場合、レコーディングダイエットしても、グルメ日記になってしまうし、おお、今日も色々食べたなあと、反省しないので、効果が無かったのだ。だから、キャベツダイエットでもして、本気で8kgぐらい痩せないといけない。でも、これからの忘年会シーズン、そんなにうまくことが運ぶのだろうか。

ちなみに今日の朝ごはんは、スタバ新作のローズマリーホカッチャとクリスマスブレンド。



吉祥寺散歩
dd20091103-01.jpg
SIGMA DP2 井の頭公園@吉祥寺,東京

午前中、都立西高校の入試説明会に出掛けたので(とてもよい学校なので、是非息子にここに行って欲しいものだ。しかし、都立最難関校だからなあ・・・。)、そのまま足を伸ばして吉祥寺へ行った。本当に久しぶりの吉祥寺。ここには、リーフルとかGclifとかといった紅茶屋さんが何軒かあるので、昔は良く足を運んだものだった。休日ということもあって、街の中は人が沢山。ネットで検索しておいた野菜たっぷりの和定食を「彩Sai」というお店で食べた後、予定の時間まで間があったので、井の頭公園にちょこっと足を伸ばしてみた。

ちょっと寒かったけれど、天気がとても良かったので、沢山の人々が散歩を愉しんだり、大道芸のパフォーマンスを愉しんだり、フリーマーケットを愉しんだり。すれ違う人すれ違う人、みんなカメラを持っているのだけど、ここで、面白いことに気が付いた。大体男子は、大型の一眼レフを肩に背負ってどうだ!見たいな感じなのに対して、女子は小型のフィルムの一眼を持っている子が多かった。しかも、ほとんどがマニュアルカメラで、中には二眼レフのカメラを持っている子もいたのは、うらやましい。

おもしろいなあ。独創性があるというか、自分なりのスタイルを考えることがうまいというか、最近の写真ブームを見ても、ある部分女性が牽引役になっているし。昔高校時代写真部にいたときなんか、圧倒的に男子の数の方が多かったのになあ。

僕も負けじ?!と持参したCONTAX Tで何枚か撮ってみた。でも、やはりデジカメで撮るみたいには、沢山シャッターが押せなかったのは、フィルムたる所以だろうか・・・。

でも、女性がローライフレックスなんて構えて公園で写真を撮っているのをみると、そういう姿を思わず写真に撮りたくなってしまうなあ。

とても絵になるね。

ル・プティ・トノー@麻布十番
dd20091102-02.jpg
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

増上寺から芝公園を抜けて、赤羽橋から麻布十番へ
いつもの麻布十番は
およげたいやきくんや、
豆豆のお店なんかがある
ちょっと下町風の町なんだけど
今日は、石畳にビストロ
なんかちょっとフランス風

ランチタイムに立ち寄ったのは
ル・プティ・トノー

休日は、オープンカフェ風になった一階は避けて
二階の落ち着いたスペースで、
おいしいフレンチに舌鼓
ただね、やはり麻布値段
赤羽橋にあるちょっと気になっているフレンチに比べ
3割り増し
まあ、料理はおいしいからたまにはいいか・・・

dd20091102-01.jpg

ル・プティ・トノー 麻布十番店
Le Petit Tonneau
住所:港区麻布十番2-14-2 IDEA麻布十番ビル1-2F
電話: 03-3454-1075
営業:ランチタイム11:30-15:00
    カフェタイム15:00-18:00
    ディナータイム18:00-23:00
HP:http://www.petitonneau.com/

この続きを読む
増上寺@東京meet up
dd20091101-00.jpg
Nikon D200,Tamron 28-75mmF2.8 MACRO

東京散歩

なぜか増上寺からスタート

東京最大級の江戸初期からの古刹と東京タワーの組み合わせ
たしかに、「観光」にはもってこいの風景
ただ、増上寺は、奈良、京都、鎌倉などに比べ、趣が薄い
しかたがないね
空襲で焼けたわけだから
で、昭和49年に再建
新しく見えるわけだ
お隣の東京タワーよりも年下だし

でも、こんな風に歩いてみないと
東京のよさって
気が付かなかったかもしれないな

芝公園に古墳があるなんてことも
知ることも無かったかもしれないね



この続きを読む