FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
整理券
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

ぜんぜん覚えがなかったので、
この「東京湾大華火祭 入場整理券」が
届いたのにはびっくりしたのだが、
どうやらtwitter仲間が申し込んでくれていたようだ?!

しかし8月14日(土)とは
また微妙な日程

おそらく嫁はまだ出かけられないだろうな
だとすると、嫁を置いて出かけるわけにも行かず
きっと誰かの手に渡ることになる?!

来年は見に行かれるといいのだけれど
花火大会なんて
本当に最近見ていないからなあ

凄く残念


スポンサーサイト



岡山産清水白糖、届く
岡山の白桃
Sony Ericsson Xperia

岡山で申し込んでおいた白桃が届いた

白桃というだけあって、
まさに白い
香りも甘くて
さすが一つ○○○円するだけある
高級桃だ

もう一日二日すると食べごろか
楽しみ楽しみ

ちゃんとした写真は後日撮影予定 (^^ゞ



P1020493
Panasonic DMC-GF1

今日も病院

昨日の手術でやっぱり嫁はちょっとぐったり
時間的にはたいしたことがなかったけれど
やはり大きな手術だったわけで
このまましばらく静養して
早く回復してもらいたいもの

我が家では、なんとか男二人で
楽しく(笑)生活している
鬼の居ぬ間のなんとやら?!

息子もけなげに
頑張っている

僕もしばらくは主夫業に
専念すのだ!


土用の丑の日
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

嫁の手術のために
朝から病院につめる

当初、午前11時に手術室へ入り麻酔
12時から2時頃まで手術の予定だったが、
前の手術が伸びてしまったようで
妻が手術室にはいったのが午後12時半

そこから麻酔1時間
で、手術開始は1時半
でも、実際の手術は1時間で終了

そこで一度僕だけ呼ばれ
摘出した患部を見せられながら
説明を受けるが
思いのほか大きな手術
でも、思いのほか重い病状ではなかった様子
少し安心

結局嫁と再会できたのは予定通りの
午後4時
全身麻酔と痛み止めのため
目が覚めてもなんだか朦朧としていたみたい

あとは早く順調に回復することを
祈るだけ

で、せめて僕だけでも元気でいないとと、
土用の丑の日だった今日、
病院のレストランで特上うな重を

まあ、病院だからしかたがないか
嫁が退院したら
美味しいうなぎを食べに行こう。

真夏の雲
積乱雲
Panasonic DMC-GF1 南大沢

息子を連れて嫁の病院へ
検査も全て終わり、あとは手術まで暇だというので
許可をもらってランチに連れ出した

多摩センターの中華でランチ
病院食にあきてた嫁は大喜び

で、くまざわ書店では皆で本買い捲り
宮部みゆきの本4冊を一気読みした嫁は
何冊か文庫を買い込む
ついでに僕も息子も本を数冊

その後京王アートマンでは息子が文房具買い放題
夏の宿題と夏の終わりの学校準備だそうだ
そういえば、むかし全ての教科用のルーズリーフを挟む
キャンパス地のバインダーを持ち歩いていたけれど
今は一般的ではないのかな?

嫁を病院に送り届けて
一旦家に帰り
今度は自転車で駅前に

夕べ寝違えた肩のマッサージ
マッサージしてくれたお姐さんは
杏にそっくりだったのだが
めちゃくちゃマッサージが上手
すっかり楽になった

すっかり楽になった身体で
自転車こいでいたら
見上げた空に
巨大な積乱雲

こういう雲を見ると、
ああ夏なんだなと思う

それにしても
今年は暑い夏だ





主夫実施中
睡蓮

午前中にテニスに行き
嫁のところに顔を出し
家に帰ってランチ

彼女と調布の花火大会にいくという
息子を送り出し

掃除、洗濯、買い物
サントリーの烏龍茶の写真を撮ったり
そしてご飯の準備

主夫業も大変なのであった



入院
DSC_8632
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 倉敷「はしまや」

諸般の事情があり、嫁が多摩南部病院に入院
今日はそれに付き合って病院へ
とても綺麗な病院なのだが
やはり病院というところは
ずっといたい場所ではないなと思った

この先、検査の後月曜日に手術
退院は8月一週目
その後も、しばらくは治療が続く

でも、早く見つかって良かった

しばらくは主夫の日々が続く予定

夏の風物詩
DSC_8639
Nikon D200 朝顔 倉敷



ソニーNEX-5
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia アウトレット

「デジタルカメラマガジン」に
主要16機種の実力判定が掲載されていたのだが、
なんともショック

僕の憧れのニコンD300Sなのだが
あまり評価がよろしくない

思いのほか健闘していたのがLUMIX GF1
EOS Kiss X4は全般的な評価がよろしい

で、ちょっと驚いたのが、ソニーNEX-5
APS-Cでミラーレス
しかも小さいだけではなくて
あれこれ評価が高い

ソニータイマーさえ働かなければ
いいメーカーなんだけど

ねことあそぶ
ニャンコ
Nikon D200, Tamron 28-75 F2.8 MACRO 尾道で遊んでくれたねこ


倉敷帆布
倉敷帆布 ケータイポーチ
Nikon D200,Tamron 28-75mm F28 Macro

倉敷の土産

倉敷帆布の携帯ポーチ
Xperis には丁度良いサイズ
上部を折り曲げて
ベルトポーチになるのだ
なかなか良いお土産だった

倉敷へ
倉敷館
Nikon D200, Tamron 28-75mm F2.8 Macro 倉敷

岡山三日目

今日は岡山から各駅で16分の倉敷へ
随分前から倉敷は来たかった街
洋館と土蔵のなまこ壁が妙にマッチする

駅前の朝市を冷やかし
美観地区をぷらぶら
町屋を改造した雑貨屋や
コジャレたカフェなどを覗きながら
炎天下の街を散歩カメラ

カメラをぶら下げた若者カップルが
そろってGRD3などをぶら下げているのを
なんとも微笑ましく思ったり

倉敷帆布で買い物をし
平翠軒で物欲を発散させた後、
のんびりと隠れ家のような店で
コーヒーを楽しむ
なんとも贅沢な時間

が、余りにも暑くて
大原美術館に避難する
(避難ついでにモネの睡蓮を鑑賞)

ランチはカジュアルフレンチ
岡山の野菜を沢山使った料理が旨かった

瀬戸内の魅力をほんの少しだけ
今回の旅で知って
ますますこのあたりを徘徊したくなった





尾道へ
DSC_8494
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

岡山での休日一日目
岡山から山陽本線各駅停車でやく一時間ちょっとの尾道へ
ここはもう広島県
福山よりも西側である

駅前はかなり近代化され、
とても綺麗なのに対し
町自体はなんともレトロ感満載のローカルエリア

山側の寺めぐりコースは
アスレチックコースさらがらの
坂道と階段の連続

もちろん、この坂道が尾道らしいといえばそうなのだけれど
それにしても、炎天下大汗かきながらへろへろになて
坂道でちゃんこにあそんでもらう(笑)

ランチは尾道ラーメン
華翠園という行列の出来るお店へ
11時半オープンなので、それより少し前に行ったら
既に開店してたorz
でもラーメンだから回転が良くて
直ぐにはいれた
味のしっかりした醤油ベースのラーメン
なかなか美味しかった

と、そこに蘭亭の藤原さんからメールが
尾道は地元で、絶対に生だこのてんぷらが食べられる
すえ膳がおすすめとのこと

なので、商店街や海辺などを歩き回り腹ごなししたあと
チャレンジしてみた
ぷりぷりとした塩で食べる生たこのてんぷらは
やはり絶品だった

それにしても
商店街といい海といい
なんだかぼうっとできる良い場所
暑過ぎるのが玉に瑕だが
それでも、気持ち的にのんびりできた

尾道帆布のバックがいい感じ
思わずカメラバッグをオーダー
出来上がるまでに3週間ぐらかかるらしいが
こっと嬉しい。
これはPanasonic DMC-GF1にぴたったりだ

なんだか心の洗濯ができた良い一日

尾道写真はこちら↓
flickr 尾道/

岡山にて
なすとオリーブのトマトソーススパゲッティ

新幹線で3時間と少し
岡山は思いのほか近かった

過去、飛行機で飛んだ高松から
マリンライナーで瀬戸大橋を渡り
岡山まで出て
そして新幹線に乗り換え
博多までというルートを
なんどか繰り返してきたが
今回、いつもは乗換えだけで
外に出たことのなかった岡山が目的地

で、昨日までめちゃくちゃ雨が降っていた中国地方
岡山駅に降り立ったらめちゃくちゃ良い天気
しかも熱さが東京よりもきつい感じ

瀬戸内気候は、「なぎ」が特徴
なので、夏はあついのだそうだ

今回の岡山行きは大学の講義
いつも東京のオフィスからやってたのだが
今回は実授業をおこなった

でも、もちろん、岡山は初めてなので
美味しいもの食べないとね
ということで
ランチは地の野菜や肉を使ったイタリアンへ
どうせ夜は和だから

が、しかし、夜もイタリアンだった
しかも連れて行かれたお店が
ランチを食べたお店だった orz
なんてこった

まあ、このイタリアン美味しいのでいいけど
岡山はフルーツ王国
でも野菜も味が濃くておいしかった

でも、やはり和の郷土料理を
食べたいものだ
さわらの刺身とか・・・
明日リベンジ!

霞ヶ関にて
FlickrDroid Upload
SONY ERICSSON XPERIA

朝、今にも雨が降りそうだったので
傘など持って家を出たのだが
今日の東京は天気の良い日になった。

気温も適温で過ごしやすい

中国、九州が大雨なのに
なんだか申し訳ないほどだ

このまま、週末には全国的に
梅雨明けして欲しいもの




雨の降らない火曜日
FlickrDroid Upload
SONY ERIVSSON XPERIA

天気が悪いという予報だったのだが、
珍しく雨が降らない火曜日
各地で大雨が降っているので
この辺でも大雨か?と思ったのだが
どうやら危惧に終わったようだ

テニスまでの時間、
金曜から出掛ける岡山の情報集め

夏休みのことを考えると
今のうちに遊んでおけと言う
嫁の言葉に甘えて
倉敷辺りをぶらりと歩く予定なのだ

まあ、この歳になると
一人旅などは何度もしてきたので
気軽で良いけど
旅は道連れというではないか
ちとさみしかったりする
カメラふら下げて
ブラブラするには良い季節かも


つぶやく
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

週明けの月曜日
会議をいくつかこなし
恒例の大学の講義を終え
帰途に着く

運良く郊外に向かう私鉄の急行で
座ることが出来たので
しっかりとiPodでアリソンの世界に浸りながら
Xperiaでtwitterにぶつぶつとつぶやく

大したことをつぶやくでもないけれど
こうして他愛のないことをつぶやくだけで
なんだか一日ご苦労様という気分

ふしぎだよね
僕のフォロワーなんて、ほとんどが全く知らない人ばかり
なのに、こんな風につぶやきあって

もちろんリアルで知っている人もいるにはいるが
普段言葉でじゃれあっているのは
あったこともない
何かのきっかけで出会った人ばかり

でも、リアルよりも
なんだか軽やかなのだ
重くない
スイッチを消したらそれで消えてしまう
そんな軽やかさが心地いい

会社を出てまで、
仕事のことでつるみたくはない
そんな風におもってしまう
仕事は仕事
遊びは遊び
それでいいのだと思う

だから、今日も
こんな風につぶやいているのだ
⇒ http://tearecipe2.blog134.fc2.com/

でも、やはりリアルは大切


街歩き
裏路地(茅場町)
Panasonic DMC-GF1、20mm F1.7

写真を撮りに行く時間が取れないので
日常の時間の中で
街撮りを始めた

定点観測も面白いけど
ぶらぶら歩きながら
普段気にも留めないような
街のあれこれを見つけてみるのも
面白いかも知れない

で、今週も茅場町の裏路地を
GF1を持って歩いてみることにする



Reading Tracks 2010年前半
アウトレット
Panasonic DNC-GF1,20mm F1.2

気がつけが何時の間にか今年半分が終わってた
今年前半は、あまり本を読まなかったなあ

5月までは管理組合の理事会役員
4月からは某大学の講義

でも、8月以降は、読書の時間が取れそうなので
あれこれ小説三昧したいものだ

で、今年前半に読んだ本は以下のとおり

『サヨナライツカ』     辻仁人
『さよなら刃』       東野圭吾
『ほかならぬ人』      白石一文
『神様のカルテ』      夏川草介
『使命と魂のリミット』   東野圭吾
『もしも私があなただったら』白石一文
『英雄(上・下)』     宮部みゆき
『永遠のとなり』      白石一文
『ボトルネック』      米澤穂信
『赤い指』         東野圭吾
『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾
『血戦』          楡周平
『だれが彼女を殺した』   東野圭吾
『零崎人識の人間関係1~4』西尾維新
『ブルータスの心臓』    東野圭吾
『1Q84 Book3』      村上春樹
『小暮写真館』       宮部みゆき
『探偵倶楽部』       東野圭吾
『ペンギン・ハイウェイ』  森見登美彦
『うさぎ幻化行』      北森鴻

あとは、昔の本を数冊読み返している
例えば『海辺のカフカ』とか『スプートニクの恋人』とか
『真夜中の五分前 SIde-A,Side-B』とか

でも、今年は東野圭吾おおいなあ・・・。
最近、赤川次郎かしている?(笑)
でも、赤川次郎よりはいいかも

後半は何をよもうか?

まずは、ここを参考に!
のゆき書店




家具が欲しい
酒瓶

Panasonic DMC-GF1 F1.7 20mm

我が家の書斎獲得計画、本棚やベッドの問題はとりあえずクリア
で、最終ラウンドは、書斎の斎の部分

でも、いかにもという書斎机とかって好きじゃない
なんかこう、ふんわりとというのがいい

カフェ風の木の匂いのする家具がいいなあ
憧れのダカフェ日記風?(笑)

ならば、これはどうだ!
広松木工家具 SPIN テーブル


梅雨真っ盛り
昼顔
Panasonic DMC-GF1. 20mm F1.7

雨、雨、雨
でも時々パアーと日が照って
蒸し暑い

そんな季節

梅雨真っ最中

6月が終わって、落ち込んでいたバイオリズムが
ようやく上向きかけているのに、
いろんなことがいろいろとあって

まあ、そんな年頃なのだろうか
やれやれ


月曜の憂鬱
P1020294
Panasonic DMC-GF1

なんでだろう
月曜日というと
何でこうも憂鬱になるんだ?

別に仕事が嫌なわけではない
ただ少し混んだ電車が嫌なのかもしれない

ブルーマンデー
まあしかたないか
やれやれだな



三回忌
P1020288
Panasonic DMC-GF1

親父の三回忌
日野の薬王寺へ
真言宗の寺院

久しぶりにお経を聴くと
何だか落ち着く

そんな歳なのかなあ

法要の後
日野のすし屋で偲ぶ会

おやじの写真を見たけど
なんだか息子に似ていたなあ

それにしてももう2年か
今度のお彼岸はちゃんと
墓参りしないとね






もう夏なのかな
もう向日葵
Sony Ericsson Xperia

まだ紫陽花をきちんと撮影していないのに
(銘のmixiのページを見たら、鎌倉の紫陽花がたくさんUPされていた。ずるい(笑))
もう向日葵が

いつも寄るパティスリーの庭に
華やかに咲いていた

もう夏なのかな

下町の洋食屋
小春軒のコロッケライス
Sony Ericsson Xperia

久しぶりに余裕のある金曜日のランチタイム
人形町まで足を伸ばした

毎日行列のできる玉ひでの前を通り
その先の小さな洋食屋 小春軒へ

コロッケ(三個付き)ライス
下町の正統派洋食やのコロッケは
とても美味しいのだ

店は厨房のおじちゃんとおにいちゃん、
それに皿洗いのおばちゃんと
そして店を取り仕切るおばちゃんで構成される

メニューは壁に掛かっているだけ
相席は当たり前
それがまた下町っぽくてよいのだ

美味しいコロッケまた食べに行こう

食後は近所の大正時代創業の珈琲ショップ
それに鯛焼きやめぐり

ランチタイムの人形町めぐりはとても楽しい


本屋のラビリンスに迷い込む
The Maruzen is a big book store in Nihonbashi, Tokyo.
Sony Ericsson Xperia 丸善

丸善に行くと、何時間でも本を見ていたくなる
ここには、本当にたくさんの本がある
読んだことのない本がこんなにあるのかと
そんなことを思いながらも
どこかで琴線に触れる本を探している

『縄文聖地巡礼』中沢新一とか
『うさぎ幻化行』北森鴻とか

あと何冊の本が読めるだろう

本屋のラビリンスは、今日も魅力的なのだ
そんな本屋の森に迷い込むのは楽しい