FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
Happy Halloween
Halloween
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7

今日はハロウィーン
「万聖節」前夜
本来はケルト人の一年の終わりの日
精霊や魔女が出てくる日でもある

クリスマスにせよ
ハロウィンにせよ
外来イベントは
八百万の神の国、日本で
すっかりと本来の意味をなくして
単なるお楽しみに変化する

それはそれでとても幸せなことなんだと
そんな風に思う


多摩センターにいったら
広場にたくさんのかぼちゃが並んでいた

子供たちは
ハロウィン用の衣装に身を包み
オレンジ色の風船を片手に
Trick or Treat!!!と
口々に叫ぶ

Happy Halloween!!!

スポンサーサイト



眼鏡を買い替えたいという息子に
P1040709
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7

もう何年眼鏡のお世話になっているんだろう
多分、初めて眼鏡を作ったのは
高校3年の初休み

バスに乗って酔ったことがなかった僕が
いきなりバスで酔い
片頭痛とめまいに悩まされた
医者にいったら
目が悪くなったのだといわれた

とりあえず町田の東急で銀縁眼鏡を作った

その後、細い縁の眼鏡や
ビル・エバンス風のセル縁の眼鏡
そして縁なしの眼鏡など
いろんなメガネを使ってきた

眼鏡は着るもの
そんな風に思う

だから、数年前から愛用しているのが
999.9の眼鏡

着るものをコンセプトにした眼鏡は
つけていて違和感のない
着心地の眼鏡なのだ

そんな眼鏡に出会ってしまうと
もう、ほかの眼鏡を使おうとは思わない

だから、いつか息子にも
そんな眼鏡と出会って欲しいと思う

眼鏡を買い替えたいという息子に付き合って
明日、近所の眼鏡屋探索に行くが
まだまだ若い彼には
様々な眼鏡と出会ってほしいので
あえて自分の好みは押し付けない

様々な出会いを大切に
そこからなにかを身に着けていき
それなりの大人になってくれればいい







本にカバーをかける
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

去年のゴールデンウイークに
書庫と化したわが部屋を片付け
その際に本棚を減らしたのだが
それでもまだまだ本があふれかえっている

本があふれると
やはり積まれが状態で
放置されている本も多いのだ

そういう本は
やはりほこりがかぶったり
湿気を吸ったりして
結構ダメージを受けているのだ

そんな本を再生させたいと
あれこれと画策しているのだが
やはりカバーをかけておくというのが
保存方法としては結構効果が
ありそうな気がする

多分傷んでしまった文庫や新書を
再生させる方法がいろいろとあるのだろうが
とりあえず、BOOK OFFに学ぶ

で、再生した本は、
ブックカバーをかける

本屋でつけてもらったブックカバーを
そのままにしておくというのもありかもしれないが
できれば、昔岩波文庫にかかっていたグラシン紙の
ブックカバーを自分で作って
すべての本にかけてみよかなと

でも、グラシン紙の入手が難しい
伊東屋で探してみればと
サジェスチョンを受けたので
こんど伊東屋を覗いてみよう

片岡義男
池澤夏樹
矢作俊彦
中沢新一
などなど

そんな大切な文庫や本を大切に
保存しておきたいから
ちょっと手間をかけて
カバーをかけておこうと思う

このところのスマートフォン
P1040825
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7 大阪中之島公園

このところスマートフォンがいろいろと発表になっている
たとえば11月下旬に発売になる
docomoのスマートフォン「GALAXY TAB

今までのスマートフォンとは
一線を画すその代物は、
気になるといえば気になる存在だ

普通のスマートフォンよりはるかにでかく
iPadに似たようなデザイン

7inchディスプレイというが
これはもう携帯電話ではない

ただし、この大きさならば
なにもスマートフォンである必要はなく、
モバイルPCで十分
デザインとかを考えると
やはりiPadに軍配が上がる

だから、興味の対象としては
むしろ直近発売になったGALAXY S
11月に発売になるau IS03

両方を比較すると
一長一短

電池の持ちはGalaxy S
カメラ機能はIS03
ディスプレイの色表示数はGalaxy S
内蔵メモリはGalaxy S
ガラゲー機能はIS03
OSはどちらもAndroid2.2(IS03は当初2.1)

まあ、ほぼ互角といったところか
デザイン的には個人的な好みでいうと
IS03に軍配が上がる

4月の段階でこのau IS03が発売になってたら
迷わずこれにしただろう

11月8日のdocomoの秋冬モデル発表会では、
おサイフ機能やワンセグ搭載の
スマートフォンが発表されるらしい

といっても
おサイフ機能もワンセグも
僕には不要だけれどね

ただし、いずれにせよ
Androidのメールアプリの使い勝手の悪さが
何らかの形で解消されない限り
機種が変わっても
僕にはメリットない

11月にはXperiaのOSのバージョンアップもあるらしいし
いずれにせよあと一年半は
Xperiaとお付き合いし続けなければならないし
いまのところ
満足というところか


秋は何処にいった?
FlickrDroid Upload
sony Ericrsson Xperia

今朝は滅茶苦茶寒かった
札幌では雪が降ったらしい
通勤電車に乗ったら
コートを着ている人が沢山いて
とても驚いたが
この寒さならしかたがないか

セーターにマフラーという
女の子もいたしね

しかし、長梅雨といい
夏の暑さといい
いきなりの寒さといい
やはり今年は異常気象なのだなあ

これが200年ぐらい前だったら
飢饉とかになっていたのか

冬も寒さが続き
来春の花粉は今年のなん十倍も
ひどい状況になるのだという

本当にどうしちゃったんだ地球
人類が蔓延りすぎたせいなのか

だとしたら
ちまちまとCO2排出規制なんかしても
意味無いのかもしれない


日本の良いところは
きちんとメリハリのある
四季が巡ってくるところ
秋をぶっ飛ばして
いきなり冬というのは
やはりいただけないね

天高い晴れ渡った秋空の下
もっと秋を満喫したかったなあ

eneloop Stick Boosterが当たった!
P1000073
LUMIX DMC-TZ10

この4月から使い始めたスマートフォン「Xperia」は
電池の持ちが悪くて有名なのだ

大体一晩充電して
翌朝からtwitterとかメールとか
時々ブラウザーを立ち上げたり
体重記録アプリを使ったり
そしてカメラ多少使うだけで
夕方にはもう電池が不足気味

iPhoneとちがって内臓電池が交換できるので
もう一つ充電した電池をも歩くかなとも
思ったのだけれど
普通の携帯のように
電池式の充電機があるとべんりだなあと思ってた

この10月にSanyoからeneloopを使った
Xperia対応の充電器が出ると聞いていたので
それは買いだなと思ってた

そうしたら、なんと
そのeneloopN Stick Boosterが
twitterであたったのだ

eneloopのアカウントをフォローして
eneloopのことを呟けば応募できるとのことだったので
一回だけ欲しいぞ!というようなことを呟いたのだが
なんと当選者16名の中に入ることができた

そのブツが上の画像

P1000075

あたかもウルトラマンに変身するための
ブースターのような形で
2つの単三eneloopを中に入れて
USBコードでつなぎ
Xperiaを充電するのだ

eneloopの充電式電池の充電器はついていないので
こいつは別途購入しないといけないのだが
これを持ち歩いていれば、
緊急対応は可能というとで
なかなかうれしい当選であった

どうせならデジタルカメラマガジンの
モニターも当らないだろうか(笑)

薔薇と青空とぼけっーとした時間
P1040843
Panasonic DMC-GF1 LUMIX 20mm F1.7 大阪中之島

薔薇の季節
ふらりと薔薇の園を訪ね
一日その香に包まれながら
ぼけっーと青空を眺めていたい

なんでだろう
近頃なにもしないで
ただぼんやりしたいという
衝動にかられる

ぼけっとする時間は
ないわけではないのだが
気が付くといつもなにかしている

本を読む
PCのキーボードを打つ
写真を撮る
メールを読む
物を食べる
日記と書く
珈琲を飲む
ドラマを見る
雑誌をめくる
茶を淹れる
写真を眺める

毎日の限られた時間を
そんなさまざまなものやことで
埋めていく作業を
もう何年も続けてきた

ふと立ち止まって
青空をぼけっーとながめることも
ずいぶんしていないなあ

たまにこんなきれいな薔薇をみても
ついついあ!写真に撮らなくっちゃって
ただただ眺める時間という贅沢を
いつのまにか放棄している自分がいる

もちろんこんな日常の様々は
決して悪いことではない
何かすることがないというのは
それだけでストレスになるのだから
こうしてやることがたくさんあるのは
むしろいいことなのだ

でも、限りある時間が
やらなければならないことだけで
埋め尽くされるのも
それはそれでもったいないなと
そんな風に思ってしまう

だからときには
こんな薔薇の前で
思い切り頭の中を真っ白にして
ただただその香につつまれながら
ぼけっーとしていたいものだ


万年筆を使うためのノート
P1040639
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7

万年筆を復活させて
あれこれ書こうかなと思っているのだが
万年筆にしっくりくる紙が見つからない

常用しているほぼ日手帳は
すでに4色ボールペンがデフォルトになって4年経つ

最近ほぼ日手帳以外に
メモとかノートとか
別の手帳をもう一冊持ち歩いてもいいかなと
そんな風におもっていたので
あれこれネットで探していた

候補に挙がったのは
万年筆でも書きやすいという
ミドリカンパニーのDM用紙

それを使ったノートや日記などが
販売されている様子
特に新書版サイズのノートは
なかなかに使えそうな予感

以前からメモとしては
RHODIAのノートを使っているのだが
ノートの綴じ方が好きではないのだ

で、このDM用紙というやつが
同じミドリカンパニーの出している
人気の手帳「トラベラーズノート」にも
使われているとの噂

この手のノートは
以前「超整理手帳」を使っていたのだが
どうもA4サイズの用紙を4つ折りというのが
使いにくくて
結局2年ほど使って現在は放置状態

トラベラーズノートにしたって
同じことなのかもしれないのだが
そこに何を書くかは
これから考えるとして
とりあえずは使ってみようかなと
twitterでの評判も勘案して
そんな風に思った夜だった



カメラに関する物欲について
P1040876
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 20mm F1.7

Panasonic DMC-GF1を最近持ち歩いている
ビジネスバッグにもすんなりと入るので
大変重宝しているのだ
普通のコンデジよりも大きいけれど
その分写りは格段に良いといえる

今常用しているのは20㎜ F1.7のパンケーキレンズ
マイクロフォーサーズだから、35㎜換算で40㎜
いわゆる標準レンズ

これで撮りなれるのはよいことなのだが
時として風景写真が多い僕には
もう少し広角であってもいいなあと

しかし、10-20㎜のズームをパンケーキで望むべくもなく
だから、10㎜前後のレンズが欲しいのだ

45㎜ MACROも欲しいのだけれど
やはり先に広角だなとおもってたら
なんと、もうでているではないの、14㎜ F2.8

Amazonで34900円
この値段なら冬のボーナスで買えるなあ


一方で、『デジタルカメラマガジン』をぱらぱらめくっていると
FUJIFILMのハイスペックコンデジ FINPIX X100なるものが・・・

23mm F2(35mm換算35mm)の単焦点レンズで
最短撮影距離10cm
3段階のNDフィルターを内臓

絞りはレンズ部で手動
シャッタースピード1/4000秒
トップ部ダイヤルで手動
露出調整も手動
Hybrid Viewfinderを搭載し
光学ファインダー(90% 0.5倍。詳細な撮影情報を表示)と
EVF〈144万画素〉の切り替え式)切り替えが可能

いやあ、これはこころ惹かれるコンデジの登場だ!
丁度SIGMA DPシリーズの対抗機種といった感じ
レンズ交換式ではないのが残念

で、別のページには、Nikon D7000の素晴らしさ
Dの3桁台をあきらめてD7000に乗り換えるという
手はあるよなあっておもったり
D300sの後継機種の発売次第だが、
そうとう完成度の高いデジ一の登場に
ああ欲しい!って思ってしまう

カメラに関する物欲は、
まだまだ衰えるところを知らない・・・





おやじ三人のサラダランチ(笑)
P1040913
Panasonic DMC-GF1 LUMIX 20mm F1.7

日帰りの大阪出張
昼に到着して
大阪オフィスのスタッフとランチ

おいしいところに連れて行ってくれるというので
結構きたいしていたのだ

で、行ったのがオサレな
中之島の
リバーサイドのカフェGARB WEEKS

おやじ三人で
野菜たっぷりのサラダランチかよと
思ったものの
まあ、僕のためを思って
選んでくれたのだろうから
感謝感謝なのである

いつの間にか
中之島はリバーサイドの
おしゃれなスポットになってた

中之島公会堂
東洋陶磁美術館
ランチやディナーができるカフェ
バラ園

仕事でなければ
のんびりと
ぶらぶら写真撮って
東洋陶磁美術館で今やっている
宋代の陶器展を存分に楽しんで
そのあと無茶空茶館で
おいしいお茶飲んだのになあ

GARB WEEKS
P1040857
Panasonic DMC-GF1

FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

ちょっとばかり残念な
大阪出張

まあ、仕事だから仕方ないか

ダイエットを続けるために
P1040552
Panasonic DMC-GF1,LUMIX 20mm F1.7

なんとなく、ばたばたと忙しい
ストレスらしいストレスを
感じているわけではないのだが、
何故かダイエットも
週末の飽食などで停滞ぎみ

やる気を起こすには
何が必要か?
あと7キロ位なら
案外簡単かと
ちょっとたかをくくってたか

まあ、ともかく
目標をたてたからには
何がなんでも
大台を割り込んで
人間ドックに望み
来年の健康診断には
標準体重を
達成してやる!

そんなにうまくいくか分からんが
まあ、やる気だけは
持続しなければいかんのである

歩く
エクセサイズする
間食(お菓子のことね)をしない
野菜中心の食事をする

たったそれだけなのになあ
御菓子が大敵であるのは
解ってはいるのだが






DELLI LUNCH
P1040516
Panasonic DMC-GF1

頼まれていた大学の講義に行く日
キャンパスのある代官山の
ちょっとおしゃれなCAFE RESTAURANT GREENでランチ

野菜のマリネ
キッチュ
ラザニャ
さつまいものサラダ バルサミコソース
なすのマリネ アンチョビ&ガーリック風味
きのこのマリネ ヴィネグレットソース
スティックブロッコリーのシーザーサラダ

いろんな惣菜の中から4種類
それにパンとスープがついている

まあ、こんなおしゃれなカフェランチは
まあ年に一回ぐらいあればいいか(笑)

それにしても代官山にある
キャンパスって
学生には贅沢すぎるのではないかと
ふらりと代官山を歩きながら
そう思った


たまにはパスタ
ESTOMAGO GRANDE
Sony Ericsson Xperia

久しぶりにちゃんと麺が食べたいとおもって
人形町方面に足を延ばした
でも、残念ながら
目指していたカフェが定休日だったので
ふらりと新しくできたらしいパスタの店にはいった

最近ではこの周辺のイタリアンが
どんどんなくなりつつあるので
こんな店もありがたい

たべたたのは、タコとバジルのパスタ
やや細麺だったが
味はよかった

たまにはパスタがいいね

夕焼け
P1000058edit
LUMIX DMC-TZ10

最近あまり夕焼けを見ない
これは僕のライフサイクルのせい
時々twitterなどで
「夕焼けが綺麗」などと
呟いたり
twitpicなどに画像をUPしてくれる人がいるが
そんなときは
僕も見たい!と思うのだが
なかなかきれいな夕日を見る機会に
恵まれない

たまたま今日、twitterで「夕日がピンク!」と
呟いてくれた人がいたので
あわてて我が家から西の空を見てみたら
確かに雲がきれいに染まっていた

とっさに近くにあった
嫁のコンデジで撮影

もう少し秋が深まったら
湘南の海岸に行って
丹沢に沈む夕日の写真が撮りたいなあ


珈朋にて
珈朋
Panasonic DMC-GF1、LUMIX 20mm F1.7

今日ランチの後、コーヒーを飲みに行った
南大沢の珈朋

2回目の訪問だが
おいしいコーヒーが飲める店だ
150円出すと
季節の和菓子がついてくる

今回は秋の和菓子

栗羊羹
栗の甘皮煮
薄皮まんじゅう
栗きんとん

これらの中から一つ選ぶ
それにパッションフルーツのシャーベットがついてくる

もちろん迷わず栗きんとん
いつもなら中津川の栗きんとんをお取り寄せするぐらい
大好きな和菓子なのだが
今年はまだ食べる機会がなかったのだ

で、コーヒーと和菓子というのは
組み合わせとしてどうなのかということだが
もちろん和菓子の柔らかさと
珈琲の焙煎の濃さのマッチングが
とてもあうのだった

このコーヒー屋さんは
ランチも充実したみたいで
なかなか使えるのがうれしい

でも?!
ここの年齢層は高いのが特徴
まあ、僕等がいくのだから
仕方がないのだけれどね

でも、だから
居心地がいいのかもしれない(笑)

珈朋
http://r.tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13114402/

スタバでもらった!
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

このところ、毎朝オフィスに直行して
お勉強をしていたので
いつものスタバには
ご無沙汰だったのだが
久しぶりによったら
内装がすっかり変わっていた

前よりシックになっていて
席数も増えたかな

で、そのリニューアルオープン記念ということで
コーヒーセットをもらった
試供品みたいなものだけど
なんでもただでもらえるものはうれしい(笑)

ついでにちょうどアンケートに答えると
飲み物どんなサイズでも一杯無料
というのをやっていて、
ネットでアンケートを応えて
その記号を書いたレシートを
店に持参すると
ドリンク無料だそうだ
来週月曜の朝は
コーヒーのメガサイズオーダーだ!(笑)


ハロウィンモード
ハロウィンモードPanasonic DMC-GF1. LUMIX 20mm F1.7

なんとなく我が家の周辺の街路樹も
色ついてきた
知人がいった谷川岳は
いま紅葉真っ盛りだそうだ

もう10月も中旬

今月末はハロウィンということで
多摩のアウトレットも
あちこちがハロウィンモードだ

ようやく秋になってきたという
そんな気分

秋の色付いた里山を
低山彷徨でもしてみたいものだ

タニタの体重計が来た日
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

ダイエットを始めて早ひと月半
その間の体重変化は約3㎏
4㎏近くまで減った時期もあったが
名古屋から先週末までのAdam Lambert週間(笑)のせいで
思い切りリバウンドして
今は71㎏台。

そんな日々のダイエットを支えてきた体重計が
なんだか調子が悪くなってきたので
Amazonでタニタの体重計をポチッとしてしまったのだ

この体重計とても計量でしかも体脂肪率、骨重量、内臓脂肪量
そのほかにも体内年齢なども測定できる優れもの
価格のAmazonで結構ディスカウントされて7000円台

早速いろいろと個人データを入力して
体重計に乗ってみた

50g単位まで測れるので(いままで200g単位)、
いままでのグラフをもう少し緻密なものに仕上げることができそうで
とてもうれしい

これでさらなる体重減少を促進させることができると
より嬉しいのだが


<<後日談>>
翌朝わくわくして体重計に何度も乗った僕は
「体重計の発する電子音が煩い」と、
嫁からこっぴどく叱られたのであった orz

一つの終わりと一つの始まり
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

普段はほとんど仕事のことはblogなどには書かないのだけれど
僕にとって今日は一つの終わりと一つの始まりなので
ちょこっと記録として残しておこうと思う

何があったのか?
今日2010年10月12日は、大阪証券取引所の中にある
ヘラクレスとジャスダックという2つの新興企業向け市場が
統合されて、新生ジャスダックがスタートした日

僕が会社員になった1983年に新興市場としてスタートしたジャスダックは
その後急成長して取引所の2部市場に並ぶマーケットに成長した
そして東証マザーズ、大証ナスダックジャパンを生むきっかけにもなった

その後取引所化したが、今年昨年大証の傘下に入り
今年4月にはジャスダック証券取引所は大証に吸収合併され
組織としてのジャスダックはなくなった

だが、昨日までは大証の中であっても
ジャスダックという市場は存続してきたわけであるが
京からは、ヘラクレスと合体し、
新たな別物のマーケットへと生まれ変わった

この約27年間
多くの時間をジャスダックのために費やしてきた僕としては
これで本当の終わりなんだと
統合記念の式典に出席しながらそう思った

わが社の中で、最初から最後まで
こんな風に見た人間はほとんどいないだろう
担当課長、担当部長、そして取締役としてコミットした
僕のビジネスキャリアの中で
やはりジャスダック市場の育成はそのメイン業務であったと
そうはっきり断言できる

そのジャスダック市場がある意味
今日幕を閉じた

時代の流れと一言でいえば簡単かもしれないが
大きく育ったと思う一方で
今までのジャスダックがなくなることへの
さみしさというものもやはり感じてしまうのは
長年寄り添ってきた人間としては
やむを得ない感情か

これから新生ジャスダックは
今までと違った強みをもつベンチャーマーケットとして
さらなる発展を遂げて欲しいと
切に願うところだ



万年筆
LAMY万年筆
Nikon D200, Tamron 28-75mm F2.8 MACRO

『旅文具』という特集をしているMOOK本を
本屋でぱらぱらとめくっていたら
またぞろ万年筆が欲しくなった

といっても、万年筆で字を書く機会など
本当に減ってしまった今日この頃
万年筆を収集する志向はあまりないので
今持っている万年筆を取り出してきて
久しぶりにインクを補充して
文字を書くことができるように
メインテナンスしてみた

いま手元にある万年筆は
MONTBLANC-MEISTERSTUCK
PERIKAN Traditonal200
LAMY SAFARI Skeleton
とまあ、安いものばかり

特に、長年付き合ってきた
細身で臙脂のMONTBLANC-MEISTERSTUCKは
今一つ書き味に満足できないままも
もう30年も付き合ってきた

ここ10年ぐらいは
インクコンバーター式の
PERIKAN Traditonal200を愛用している
基本はブルーブラックのインクを利用しているが
時々いろんな色のインクが使いたくなる

伊東屋などに行くと
それこそインク瓶に入った
様々なインクがうられているので
気に入った色を選んで
それで日記など書いたら
おもしろいなあと

息子の中学校の宿題を完成させるために買った
LAMY SAFARI Skeletonは
まさにいろんなインクの試し書きには
もってこいの万年筆
いまも、グレーのインクが装填されている

さすがにこの年になったのだから
一本ぐらいは、年齢身分相応の万年筆を
買ってもいいかなと思ったりはする
その場合もやはり
インクカートリッジ式ではなく
コンバーター式の物がいいなあ


次のレンズ
DSC_9597
Nikon D200, SIGMA 30mm F1.4

昨日、知人のお茶会を撮影していて思ったのが
ISOを高くしてもきれいに撮れるカメラか
明るいマクロレンズが欲しいということだった

マクロはF2.8が一般的だけれど
F1.4ぐらいのマクロレンズがあると
とてもうれしいのだけれどなあ

茶器を写す時には
大体50㎜から90㎜ぐらいのマクロ
でも茶人まで移すのなら
16㎜から28㎜ぐらいがいいかな
で、会場まで写すなら
マクロではなく
超広角ズーム10㎜-20㎜ F2.8ぐらいの
明るいレンズが欲しいなあ

今のところマクロは
28-75㎜ F2.8と90㎜ F2.8
広角は11㎜-16㎜ F2.8
一応標準レンズに相当する30㎜ F1.4も
準備はしたのだが、出番がなかった

28-75㎜ F1.4なんていうレンズがあれば
しかもこれがマクロレンズだったら
とてもよいのになあ
でも、高くて手が出ないかもしれない

愛用のTAMRONの28-75㎜ F2.8 MACROは
本当につぶしの効くレンズ
スナップも物撮りもポートレートも
これ一本でいろいろと撮れるのだ

で、次に欲しいレンズは
以前書いたように
10-20㎜ F2.8 クラスのレンズか
70-200㎜ F2.8 クラスのレンズだな

その前にD200の後継として選ぶのは
D300sかD700か
それともCanonの60Dとか7Dに
対抗できる新機種が
きちんと出るのを待つのがいいのか

もう一つわがままを言うと、
GF1用の広角のパンケーキレンズが
欲しいものだ
今の20㎜はマイクロフォーサーズだから
40㎜の標準レンズ
なので、10㎜ 程度の明るい広角が出ると
とてもうれしいのだが

しかし、カメラとかレンズって
なんだか欲しいものたくさんで
困ったものだなあ



学園祭
クラスTシャツ展
LUMIX DMC-TZ10

息子の高校の学園祭へ

高校男子としては、
親になんか見に来てもらいたくは
ないかもしれないのだが
せっかく去年一年間
あれだけみんなで頑張って
合格して入学した高校の学園祭なんだから
息子にはこそっと
見つからないように
学園祭にもぐりこんだ(笑)

男子校の学園祭っていうのは
なんだか想像がつかなかったのだけれど
行けば行ったで
まあどこの高校も変わらんというか
僕らの高校時代とはそんなに
違いはないかなと

今年出来た新校舎は
思った以上に立派で
何よりも図書館は見事だった

そんな中で
次から次へとやってくる
女子高生たちを
いち早く取り囲んで
自分たちのクラスのイベントに
連れて行く男子高校生

そんなところだけが
男子校と共学の都立高校との違いか(笑)
でも、楽しそうでいいよなあ

高校時代にクラスで撮った
映画を思い出した
多摩川に沈む夕日を見ながら
青春したっけなあ(笑)

まあ、大いに楽しみたまえ
息子君

Adam Lambert 東京公演三日目
DSC_9423
Nikon D200, Tokina 11-16mm F2.8

昨日に引き続き、今日もAdam Lambertのコンサート

日本公演はこれが最終日
昨日の出来がいまいち(大阪がよかったらしい)だったので
今日に期待していたのだけれど
見事期待に応えてくれたAdam君

音響もばっちりだし
彼自身昨日より乗ってたし
さらに声もよく出てた

中日はセーブした?というぐらい
今日の出来はよかったのだ

全公演制覇の嫁曰く
今日が一番!だそうだ

昨日とコンサートの曲目は同じだった(と思う)が
アコスティックの歌の出来が素晴らしかった
僕としてはギターのみの「Broken Open」がよかったなあと
(キーボードだけの「soaked」も好きだけど)

ギタリストのMonte Pittmanは
マドンナのギタリストだそうだが
なかなかにうまい
時々Adamの曲の中に昔のロックの名曲のフレーズを
こっそり入れたり
かなり遊び心があるなあという感じ
ギブソンのフライングVも格好いいし(笑)

まあ、詳しいことは、きっとAdamholicな方々が
たくさん書いてくれるからそれを見ることにしましょ(笑)

気になっていた昨日のおもちかえり二人組は
アメリカ人のゲイカップルだったようだが
未成年だからすぐに開放されたとか

でも、それのせいで今日のコンサートが盛り上がった?

おば率の高いコンサートではあるが
(僕自身平均年齢をがびーんとあげているのだが)
のりのりのおばさんたくさんいて、
みんながんばっているなあ
高校生の娘を連れたお母さんが
僕の目の前でずっと踊ってたので
結局今日も椅子には座ってられなかった(笑)

しかし、後ろのお母さんの
ずっとキャーキャーと叫んでた
煩すぎる声には閉口した
僕はあんたの叫び声ではなく
Adamの歌聞きに来たんだけどなあ(爆)

もちろんうちの息子と同じような高校生も結構みかけたし
人気の幅が広いAdam君ならではのコンサートだった

そして、アンコールは
思い切りこの曲なに?と思うほど編曲された
Led Zeppelinの名曲
Whole Lotta Loveで締めくくってくれた

生で聞くとその魅力倍増のAdam Lambrt
嫁がはまるのもわかるけど
僕は彼の歌声を高く評価したい



年賀状オーダーだ!
DSC_9417
Nikon D200, Tamron 28-75mm F2.8 MACRO

年賀状


年賀状の案内が印刷所から届いた
もうそんな季節なのかと
よく考えてみたら
年賀状を出す時期まであと一月半
確かにもうそろそろ印刷を考えないと
いけない時期なのかもしれない

プライベートの年賀状は
毎年PCでしこしこと作っているのだが
さすがに本業の年賀状は
枚数が多くなるので
毎年印刷に発注する

こんなに出しても
結局は届いた先で
どれだけ保管されるのだろうとか思うと
コストと手間も併せて
年賀状はやめてしまって
年始の挨拶はメールでいいかなんて
思ってしまうのだが
せめて年一回のご挨拶ぐらい
手書きのメッセージを書いた
年賀状をお届けするのが
日本人たる礼儀と
そんなことを考えてしまう

だけど、宛名はやはり
PCのプリンターで印字かな
お送りする相手が200人を超すと
やはり手書きは無理
こればかりはご容赦願いたい

プライベートの年賀状は
今年はどんなのにしようか
毎年悩むことの一つ

撮りためた写真の中から
気に入ったものをモノクロにして
しゃれた言葉でもそっと書いて
何気なく出しておこうか

心をこめたプライベートの年賀状が
相手に届いて
受け取った友達などが
あああいつは元気にやっているなって
そんな風に思ってもらえれば
それが嬉しいからね





Adam Lambert 東京公演二日目
FlickrDroid Upload
Sony Ericson Xperia

Adam Lambrtの東京公演

夕べは、嫁、息子とともに
水道橋のJCBホールに
Adam Lambertの東京公演を
見に行ってきた

Adam Lambertはこれで2回目

昨年のアメリカンアイドルで一躍有名になり
日本にも今年だけで2回来日
2回ともコンサートに参加しているとは
どれだけファンか?と思われるかもしれないけれど
まあ、これは嫁の趣味(笑)

ほかにも沢山のつわものがいるらしいが
嫁もつわものである


今年3月には初来日のコンサートに参加
単独NYに乗り込み、
Adamのコンサートを2回
そして今回の来日公演は
名古屋、大阪、東京3公演 全制覇


FlickrDroid Upload

コンサート自体は
音がいいという評判のJCBホールなのに
音響が今一で、
Adamのイヤースピーカーも聞こえが悪かったのか
いまひとつ音的には満足できなかった

それに、ちょっと風邪気味?という
ハスキーボイスのAdam君
高音がやや擦れてたか

でも、会場を盛り上げ乗らせ
目でも楽しませるエンターテイメント性抜群の
なによりも歌がうまい彼の
まとまった歌が生で聴ける機会は
とても嬉しいことだった

できるなら、米国ツアーでは一緒に回っていた
僕の好きなアリソンを一緒に連れてきてくれたのなら
もっと嬉しかったのだけれどね

6月ぐらいからずっとコンサートツアーを続けている彼
日本が終わってもその後まだ東南アジアとハワイがあるらしい
冬にはじっくりと新しいアルバムつくりに専念できると
いいのだけれどね

Zeppelinの名曲アレンジの
Whole lotta Loveが
聴きたかったなあ!
聴きたかったなあ


不思議だなあ
槿花一日
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO 名古屋 白鳥庭園 清羽亭

日曜日に参加したロ・ヴーのお茶会
その様子はtearecipe2で書くとして
なんだか中国茶辞める宣言のようなことを言い出したら
その途端にお茶絡みのいろんな話が舞い込んできている

まあ、それはそれで僕が楽しめればいいのだから
そんなご縁も今後も楽しみにしておけばいいのだろうと

でも、なんでやめようとおもうとこうしていろんな話が舞い込んでくるのだろう
なんかとても不思議だ

といっても、そんなに深くコミットするつもりはさらさらないのだけれどね






ハードロックカフェにて
ハードロックカフェ
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO 名古屋ハードロックカフェ

名古屋の夜は、やはり地元の名物か?と思っていたのだが、男子高校生と一緒ということになるので、和食は却下
(僕としては和食は大歓迎なのだが)。

彼はいつも「何食べたい?」と夕食の献立を聞くと「肉!!!」と答える奴なので今回も肉メインだなとは考えていたのだが、だから、名古屋コーチン?、手羽先?、矢場とん?などと名古屋名物を頭に浮かべたり、サンタさんにヘルプ!をお願いしたりしていたのだが、牛肉という対応不可のリクエストが来てしまい、悩んだ結果、ハードロックカフェになった。

僕自身、ハードロックカフェなんて、もう20年ぐらい行ってなかったので、なかなか興味深い選択肢ではあったのだ。その昔六本木のハードロックカフェにハロウィンの夜友人と迷い込んだことがあり、外人さん+アルファの仮装行列に巻き込まれ、なかなか楽しかった思い出がある。

その時どんな食事をしたのかなんて、もうすっかり忘れてしまっていたのだが、サイトで見る限りにおいては、まさにメニューは「OUTBACK」と同じ?という感じで、まあこれなら男子高校生も満足するかなということになった。

ハードロックカフェ

もっとも、ハードロックカフェは今やあちこちにあり、今回息子はなぜか名古屋に劇団四季の「オペラ座の怪人」を見るために無理やり嫁に拉致連行されたので、せっかくの名古屋観光もしていない状況。なので、名古屋の夜がハードロックカフェでいいのか?_という疑問はあったのだが、「いいよ!肉なら」の回答で、結局決まってしまった。

予約前についた僕らは、人けのない店内に通されて、70年代、80年代のロックが流れる店内で、まさにここはどこ?状態ではあったが、ピーターガブリュエルのストラトキャスターの飾られた席でメニューを開くと、まさにアメリカン。
男子高校生が喜ぶというよりも、いまやおじさんに成り果てた、昔のロックファンにはいまだ人気がありそうなお店といったところか。

そうこうするうちに、店内には外人さん数名、日本人カップル何組かが来店。それなりに席は埋まっていった。
実際に出てきた料理も、まさにビッグフードであった。

直径15cmはあるのではないかと思われるチーズバーガーを頼んだ男子高校生も、さすがに満腹の様子。僕はケイジャンチキンの乗ったペンネ。それにシーザーサラダ。それにお変わり自由ソフトドリンクで、お会計が6000円。やはり地元のおいしい料理のお店にすればよかったと、多少の後悔の念を持ったのは、息子には内緒である。

ハードロックカフェ

クイーンとかツエッペリン、パープルは知っている男子高校生も、ビージーズとかローリングストーンズ(なんと「悲しみのアンジー」がかかっていた)とかは聞いたことがないらしく、また興味もない様子。一方僕は懐かしくて・・・。やはりここはおやじ向け(でも食事は若者向け)のお店なんだなと。

今の息子は、洋楽が好きでも、レディーガガとかまったく違う世界に行ってしまっているので、この手の曲にはあまり興味ないのかもしれない。ただ、彼は米国のドラマ「GLEE」を新鮮!といって見ているので、あながち共通点がないわけでもない。ただ、僕はGLEEは「懐かしい曲のオンパレード」でみているので、そもそもそこに認識ギャップがあるのではあるが。

こうして、名古屋の親子ディナー^は過ぎて行ったのである。

矢場とんの「みそかつ丼」
矢場とんのみそかつ丼
Sony Ericsson Xperia

名古屋にきたら、やはりひつまぶしである
11時半前に名古屋について
12時半には
現地につかないといけないということなので、
これは仕方がないから駅中ランチだなということで
名鉄のなかにあるひつまぶしのお店
「まるや 本店 名駅店」へ向かったのだが、
すでに長蛇の列

うーん、みな考えることは同じか・・・

急きょ予定変更して別の名古屋グルメを

名古屋に来る前に「名古屋グルメ」を何名かの人に
教えてもらったのだが、
ガッツリ系名古屋名物なら「矢場とん」でしょ
ということらしいので

おなじフロアにあった矢場とんに向かうと
何人か待っていたが、
店の人がすぐ入れるというので、
列に並んだ

確かに10分も待たずにお店に入れた

いくつかメニューがあって
結局僕は「みそかつ丼+ねぎ」にした

まあ、こんなものか

ちょっとどんぶりにすると
飽きるというか
これならみそかつ定食がよかったかな
ご飯とみそかつ別々のほうがいいかな

それにしても、夜はハードロックカフェなので
体重セーブはきついかも

明日は蕎麦だな

矢場とん名古屋名鉄店

思惑は外れるもの?
自転車
Panasonic DMC - GF1

10月になった
昨日でクールビズは終了
今日からスーツにネクタイ

たまにネクタイすると
なんか息苦しい

このネクタイを着けるという行為に
いったいぜんたいどんなメリットが
あるというのだろう?

もうかれこれ27年も
会社勤めをしてきて
多くの時間をネクタイ締めて
過ごしてきたはずなのだが、
今更ながらなそんなことを思ったりする

そんな10月初日だが、
妙にやることが降ってわく

デリバティブ勧誘規制
インサイダー防止策各種
システム継続可能性分析
格付けあり方検討
新興市場活性化
アヘッドオブザカーブ

そんな事に加えて
またまた役所のワーキングに巻き込まれた

この秋は粛々と嵐を避けて
じっと晴れ間を待つように
大人しくしていようと
思っていたのだが
残念ながらそういうわけにも
いかなさそうな状態だ

こんなはずではなかったのだが
いったい全体
どこで計画がずれてしまったんだろう


まあ仕方ない
やらせてもらえるだけ
仕事があることは
有り難いことだ

ただ、こうして並べると
敗戦処理的作業が結構多い

これらは
なんだか定まらない
経済低迷の影響か
はたまた
ブラス方向になにもしない
現行政権のせいなのか

まあ、皆がいろんな思惑持って
バタバタと動き回っているのだから
どこかで誰かの思惑が
すっかりずれたり外れたりするのも
仕方のないことだということか

そんなこんなで
今月はちと忙しい