FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
写真を選ぶということ
P1070414
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5

今年一年も、思いがけず半ばごろに購入した
Panasonic DMC-GF1のおかげで
HDDが目いっぱいになるぐらい、
あれこれ写真を撮った

せっかく撮ったのだからと
その多くはFlickrにUPしている
http://www.flickr.com/photos/tearecipe/

でも、そこには、
自分でうまく撮れたと思うものも
そうじゃないものも
ごった煮状態でUPしてしまっている

そこで、はたと考えたのだが
僕は自分の写真を選ぶということを
したことがないかもしれない

きっとコンテストに出したりする人は
自分の写真をちゃんと選んでいるのだろう
でも、いままで考えてみれば
多くの写真を撮りっぱなしにして
放置していた気がする

写真は完全に趣味だから
人が何と言おうと自分が良いと思えばいいんだ
なんて思ってきたが
その、
自分がいいと思うというものすら
選んでいないのではないか?

写真は見る人が評価する部分もあるが
自分で撮った写真が
いかに自分の意図に近く表現されているか
なにを撮りたかったのか
それが撮れているのか
なんだとおもっている

すこしヘンテコでも
自分が気に入ればいい

でも、その自分が気に入るという作業を
思い切り放棄してきたのだなあ

そこで、今年になって撮りためた写真のなかから
毎月一枚
好きだなっていうのを選んで見ようと思いたって
フォトアルバムを作ってみた

12枚のちょっと数としては少なくて
なんとなく心もとない気がする枚数だが
自分でカレンダーを作るときには
こんな写真を載せられたらいいかもねと思うもの
そんな写真を選んでみた

そして、すっかり愕然とした
選ぶっていうことをは
たいそう難しいのだ

だけど考えてみれば、
でも、こうして選ぶ作業すると
この写真の何処が良くて何処が駄目だったのか
じっくり考えることができるのだね

こうして自分の撮った写真を振り返ってみて
ああ、あの時はああだったんだなんて
そんな感情までよみがえってくるかどうか

今年もまだ半月ほどあるので
まだまだ写真は撮ることになるのだけれど
そんな中で自分の写真と向き合って
少しちゃんと写真を撮ってみたいなって
思い始めた

来年はもう少し
自分が意図した感じに撮れると
とても嬉しいのだけれども

スポンサーサイト