FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
La Sorgente/ラ・ソルジェンテ at 京王堀之内
dd20080406-01.jpg


4月10日の誕生日を前に、バースデイランチをかねて自宅の近くの駅から電車で一駅の京王堀の内徒歩5分のところにある「Trattoria La Sorgente/ラ・ソルジェンテ」でご飯を食べてきた。

ラ・ソルジェンテは住宅街にぽつんと建った、町のイタリアンという感じの店。
もし、情報がなければ、単なるパスタやさんぐらいにしか感じないような店構え(失礼)。
しかし、ネットでの評判はすこぶる良いので、予約をして嫁さんと二人、食べにいった。

dd20080406-03.jpg


普段の土日だったら、前菜、スープ、パスタ、ドルチェというAランチをオーダーするのだろうけど(これだけついて1200円というコストパフォーマンスのよさ。)、今回は誕生日も兼ねているので、シェフのおすすめランチコース2500円をお願いしておいた。

前菜、パスタ、魚介、肉、ドルチェ、飲み物という組み合わせ。

で、これが前菜。
ごぼうの鶏肉巻きとかレバーを固めたもの、真鯛のバジルソース、そしてイタリア風卵焼きにサラダ。



dd20080406-02.jpg


近所の老夫婦とか若い夫婦が何組も着たが、みなワイン。
うーん、ワイン飲めたら絶対に頼んだのに。
だから、今日は、ペリグリノ。
一本どーんと出てきた。

dd20080406-04.jpg

パスタは、スモークドサーモンの自家製フィッチーネ。
スモークが良く効いた、味わいのあるパスタ。
生パスタだけど、しっかり腰がある、トマトベースのおいしいパスタ。

dd20080406-05.jpg


で、今日一番が、このホタテ貝のプロバンス風サフランソース。
ソースが抜群においしい。
ついつい自家製のフォカッチャを追加して、ソースをすっかり平らげてしまった。

円盤状になっているのは、なんと豆のリゾット。
リゾットを円盤状にして両面おこげにしてある。
香ばしくて、でも中がとろりとしたリゾット。

この一皿で1500円でもいいぐらい。


dd20080406-06.jpg


そして最後の肉は、宮崎産の黒豚。
なんでも料理法が「ロベスピエール」というんだそう。薄切り肉のグリルのことらしい。ロベスピエールというと、フランス革命のロベスピエールを思い出してしまう。でも、イタリアンだものね。

上に載っているパルメザンチーズと一緒に食べると豚の塩味とペパーがとても引き立つ。
やわらかくて美味しい肉だった。

dd20080406-07.jpg


ドルチェがまたおいしかった。
ラ・ソルジェンテのシェフが前いた店で作ったという、しかもはなまるマーケトで年間1位になったというふわふわのピエノット フォルマッジォ(チーズムース)のほか、ティラミス、クリームブュリュレ、そしてアールグレーのアイスクリームに、コーヒーor紅茶。メレンゲの焼き菓子もドリンクにつく。

うーん、我が家の近所にも、ラ・ソルジェンテのようなこんなレストランがあったなんて、とても嬉しい。
大満足の誕生日ランチ!!!ご馳走様。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック