FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
砂時計
dd20080506-01.jpg


最近、綾瀬はるかに嵌っている。

「セカ中」の頃の綾瀬はるかは、なんだか好きではなかったのだが、ホタルノヒカリで俄然魅力を発揮。

で、今月末に封切られる「僕の彼女はサイボーグ」の綾瀬はるか。いやあ、可愛いですねえ。

「鹿男あおによし」の綾瀬はるかも良かったのだけれど、僕の彼女はサイボーグのオフィシャルサイトのムービーみて、かなり惚れた(笑)。これは絶対見逃せない。

長澤まさみは好きではないので、「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」はなやむところだ。

最近は、「吉瀬美智子と松下奈緒がいい」というと、嫁が「女の趣味悪すぎ」という。吉瀬美智子はセクシーでかつ知的美人だと思うのだが。「サラリーマンNEO Season 3」を見逃したのがショックだ・・・。


あとは、やはり誰がなんと言おうと、「少林少女」。柴咲コウだからねえ!これは見逃す手は無い。なんだか筋はどうでもいいらしい。でも、柴咲コウを見るための映画だときいたので、ワクワクである!(爆)。

がしかし、GWにそんな時間は・・・・ない。(ToT)/~~~


といいつつ、TOHOシネマ南大沢へ

10時からの「砂時計」を見た。

ドラマの砂時計とは、又違った砂時計。

松下奈緒よりも夏帆のほうが、格段に今回の砂時計を表現できてたというのは、どんなもんなもんだろうか。あのようなストーリーに何故松下奈緒だったのだろう。

どらまの杏役は佐藤めぐみがはまり役だとは思ったが、この「砂時計」のストーリーだと、それもちがうかと・・・。うーん、だれなら違和感無かったのだろう。

やはり2時間ちょっとで砂時計を表そうとすると、ああするしかなかったのか。
違和感沢山。

それでも、画像の美しさと、音楽が良くマッチした作品だったと思う(それだけかい?!)。

まあ、邦画にありがちな突っ込みどころ満載ではあったが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック