FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
闘茶試写会at草月ホール
dd20080702-01.jpg


夕べ、「闘茶」という映画の試写会が赤坂の草月ホールであり、行ってきた。

草月ホールというのは初めてだったのだがなかなかモダンなホールで、いけばなっていうのは、芸術なんだなと、ちょっと思いなおしたり。

たまたま月曜日にスマスマでいけばなやってたけど、それぞれの感性というか、花との向き合い方って、とても違うのだから、草月門下の何万人もの人たちのいけばなも、それぞれ、千差万別なんだろうなと思う。その中で師範になるということはどんなことなんだろう。

そんなことを考えていたら、映画の中の「闘茶」の品評をする人の感性ってどんなだろうと思った。
「これが良い」と判断できる人の、あるいは判断する人の、基準とか、メジャーとかってなんだろうか。
そんなものを持った人ってどれだけいるんだろう。

dd20080702-02.jpg


華道とか茶道とかって、別に品評するものではないのだろうけど、芸術ってどこかで品評される対象だよなと。でも、自分が良いと思ったらそれでいいような気もするし。

dd20080702-03.jpg


映画自体の話については、別途tearecipe2にUP予定。
まあ、戸田ちゃんが可愛かった!ということで(笑)。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック