FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
少しばかり思いはシフトし始めている
dd20080901.jpg

同窓会などに顔を出してしまうと、なんだかずっと昔のことを思い出したりしてしまう。

中学時代のことなんて、もうだいぶ忘れてしまったのだけれど、それでも当時の友達と顔をあわせると、あんなこともあったっけ、とか、こんなこともあったんだっけなんて、あれこれ思い出してしまう。

部活はバレーボール部。
そういえば、一生懸命考えたユニフォームが不評だったなとか(笑)、市内のスポーツ大会にハードルの補欠で参加して、授業をサボったっけとか・・・。

とにかくロック少年だったので、この時期は専らディープパープルばかり聞いてた。
放送委員になって、昼休みにロックかけて、やはり不評をかったり、髪の毛を伸ばしたくて仕方が無くて、卒業式と同時に肩まで髪をのばしたっけとか。

行きたい高校に学区のせいで行かれなくて、すごく悔しい思いをしたなあ(2人も僕が行きたかった高校に合格しているのだから、本当に越境発覚という事件があったのか、いまだに不審な点は多い。おかげで高校時代は遊びまくった。)。

小学校時代から憧れていた女の子と交換日記なんかしたこともあったなあ。あれは本当にどきどきする経験だった。もうあんなピュアな気持ちは持つことも出来ないのだろうな。

あの頃からは、ずいぶん遠くまで来てしまったのだけれど、もはや、あの当時に戻りたいとも思わなくなったのは、すっかり年齢を重ねてしまった正だろうか。

そんな思いはみんな同じなのか、いろんな人から同窓会後にメールが届いた。
なんだか少し若い気持ちになったりして、返事をいそいそと書いているのだけれど、僕としては、短い間だったけど、同じ教室に机を並べた友達が、この34年間で、どんな人生を歩んできたのか、興味は少しばかりそんなほうにシフトし始めている。

きっと一人一人いろんなストーリーがあるのだろうね。
メールでそんなこと聞いてみようかなとおもう、今日この頃。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック