FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
ジュウガツサクラ (ミートアップ in 新宿御苑「花編2」)
dd20081025-11.jpg

新宿御苑は、花の宝庫。そんな風に呼んでもいいぐらい、沢山の植物が植えられている。

いままで新宿御苑=桜といういんしょうだったのだが、あこちちに様々な花がさいていて、花を撮るカメラマンには結構いけている場所ではないだろうか。

だから、知らない花も沢山あって、今回一番おどろいたのは、秋に咲く桜があったこと。

時々桜が狂い咲きをするなんていう話は聞いたことがあったのだが、そもそも桜といえば春だろ!とおもうのだ。しかし、10月に咲くから「じゅうがつざくら」と呼ばれる花がある。幹事で書くとそのまま十月桜。とても華奢な花を咲かせている。

調べてみたら、冬に咲く桜って結構あるのだね。冬桜を筆頭に、四季桜、小春日、不断桜、そしてこの十月桜。

でも、十月桜といった場合、八重の桜が多いみたいだ。どちらかというと、これは冬桜に近いのか。でも、公園の案内図が十月桜になっていたので、間違いは無いのだろうけれど。ピンクのつぼみと、白い花。枝にはいくつもの花が咲いていた。

春まで咲き続ける品種だともきくし、別途4月に咲く場合もあるのだとか。
植物ってとてもおもしろくて、楽しい。
まあ、人間の方がもっともっと面白いけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック