FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
自分らしい写真
dd20081122-000.jpg

明るい写真
カラフルな写真
綺麗な写真
自分の心情を表した写真

多分僕らしい写真というのがあるはずで、でも、まだどんな写真が自分らしいのかよくわからない。

人を感動させる写真とか
人から素晴らしいと言われるような、
そんな写真を撮りたいのではなく、
いまは、ただ、自分らしい写真が取れればいいなと思う。

空の青が好きだから、空の写真を撮るし、
秋の赤が好きだから、紅葉の写真を撮るし、
晩秋の夕暮れが好きだから、そらの残照を写してみたいと思う。
その中で、どんな写真が自分らしいのだろう。

小さなスクエアの中に、どれだけのものを切り取れるのか、
どれだけのものを引き算できるのか、
ぜんぜんまだまだ分からないけど、
なにか、自分がああ良かったなと思う瞬間を
カメラに収められると嬉しいなと思う。

そのために、まずは、自分の目であれこれ見ることからはじめよう。
自分の目で見て、何か感じられなければ、
いくら切り取っても、なにも感じることなど出来ないから。

そのために、心のアンテナをあちこちに立てておこう。
カメラを持っていないときにでも、
心のシャッターが押せるようにいつも準備しておくのだ。
そして、感性の触覚を張り巡らせておこう。
自分の良いと感じたものを、自分なりに良いといえるように。

コメント
この記事へのコメント
私も似たようなことを、ここ数年つれづれと考えているので、とても共感できるエントリでした(というか、タイトルを見て「tearecipeさんは自分らしい写真が何か分かったんだ!すごい!」と思って見に来ましたw)。

私がtearecipeさんの写真から共通して感じるのは、「端正さ」と「丁寧さ」です。鮮やかな色あいも丁寧に整えられた構図も、うまく言葉にできないけど“らしさ”を感じます。

#別件ですが、29日はお忙しいですか?よかったら携帯百景オフ、いかがでしょう?
2008/11/24(月) 17:59:31 | URL | ayano #mQop/nM.[ 編集]
難しいですよね。
いやいや、自分らしい写真がどんなものかだなんて、まだまだ全然分かりません。まずは、いろいろと人様の写真をみて、自分なら堂だろうとか、そんな学びをしているところでして。「端正さ」「丁寧さ」などとお褒めのお言葉をいただくと、本人調子に乗ってしまいます(笑)。

まだまだ、光を捉えるのに精一杯で、あれこれも作中です。技術的なことも含めて、暗中模索状態。

でも、やはり明るいレンズは欲しいなあとおもったり。

ayanoさんの写真はすでに、ああ、ayanoさんらしいなって思うんですけどね。どこがといわれても難しいのですが。

携帯百景オフ、とてーも参加したいのですが、今回はあれこれあって、参加不能です。次回また誘ってください。
2008/11/25(火) 17:06:39 | URL | tearecipe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック