FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
書斎獲得計画・・・書庫整理2
dd20081214-01.jpg

書庫整理は着々と進む・・・つもりだったのだが、ぜんぜん進まない。なにしろ本の数が多すぎるのだ。いままで本棚5つ分+αあったものをコンパクトにしなければならないわけだから、到底本棚一つには入りきらない。6畳半の洋間が本で埋まるほどあったわけで、それを整理するのは至難の業なのだ。それでも、もうここ5年ぐらい手に取ったことが無かった本は、思い切って処分。

おかげで片岡義男の文庫本は5冊手元に残しただけですべて廃棄。村上春樹も同様。神保裕一も東野圭吾も宮部みゆきもCWニコルも、ほとんど廃棄。仕方ないね。どうしても読みたければ、図書館に行こう。あそこが僕の書庫だと思えば・・・。

それにしても『中西悟堂全集』と『内田義彦全集』これ、どうしようかな。内田義彦全集は、神田あたりに持ち込めば、買ってもらえそうだけど、BOOK OFFでは無理だろうな。中西悟堂は、なかなか手放し難いのだが、しかたがない。誰かもらってくれないだろうか。

dd20081214-02.jpg

ところで、昨日の続き。
江の島には「新江の島水族館」なる立派なものが誕生していた。
大きな水槽に様々な魚が泳ぐのは、なかなか見ごたえがあった。
ちゅら海水族館を見てしまっているので、ちょっと規模は小さいが。
で、ここで出会ったのが「海月」。いわゆるクラゲだ。
透明でゆらゆらしていて、綺麗で、なんだかとても癒された。
一番上の画像のワイングラスに入っているのは、小さなコインぐらいの大きさの水クラゲ。
ちゃんと泳いでいるのだ。
ふわふわ浮かんで、泳いでいるのを見るのは、かなり癒される。
思わず一番ここで時間を割いてしまった。
金魚とかよりも、かなり癒し系なんだな、クラゲって。

コメント
この記事へのコメント
それより…
癒やされますねー、くらげ。買って帰ることは出来なかったんでしょうか?
でも、でも、食べたほうが…おいしいかも。
2008/12/17(水) 00:46:28 | URL | うらりん #-[ 編集]
『定本野鳥記』のことでしょうか?
はじめまして。
本当に手放されるのですか?
もし引き取り先がなければ立候補させてください。
時間をかけてじっくり読んでみたい本です。
本はなかなか処分できなくて、つい増えてしまいますよね。
2008/12/17(水) 02:05:59 | URL | こはくや #.qZpVpTo[ 編集]
確かに美味しい
うらりんさん

海月がこんなにいやされるとは思いませんでした。なんだかいつまでも水槽に張り付いていたかったです(笑)。

たしかにクラゲの前菜美味しいですよね。でも、水族館でみた海月と食べるクラゲは別物のような気がしてしまいました。

それより巨大水槽で泳いでいるサンマの群れとか、真鯛がとてもうまそうだったなあ(笑)。
2008/12/17(水) 05:44:58 | URL | tearecipe #-[ 編集]
はい、『定本野鳥記』です
はじめまして

手元にあるのは、『定本野鳥記』全巻(15~16冊)です。もう15年ぐらい前に丸善で一気に入手したんですが、とてもよい本でした。かなり大切に扱ってきたので、それなりに綺麗です。

アウトドアライターの故芦澤一洋さんに推薦されて図書館で中西悟堂の本を読んですっかり気に入って購入して、じっくり読みました。

とても読みやすい文章を書く人で、特に探鳥の紀行文は素晴らしいです。

なので手放しがたいのですが、もし大切に読んでいただける方なら差し上げでもって良いかなと思っています。

もしご希望なら、下記アドレス(@は小文字にしてください)にメールを頂戴できますでしょうか。

tearecipe2@mail.goo.ne.jp
2008/12/17(水) 06:07:02 | URL | tearecipe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック