FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
散歩カメラ 旧岩崎邸
dd20090111-01.jpg

散歩カメラ、湯島天神の後は、すぐ近くの「旧岩崎t邸」へ。写真散歩好きな人なら、一度は撮っているのではないかと思われる、とてもフォトジェニックな洋館。壁とか柱に触らない限り、写真撮影OKなので、本当に嬉しい。

明治29年、旧岩崎邸は、三菱財閥創始者の岩崎久弥の本邸として建てられた。もともとこの敷地は越後高田藩江戸屋敷だったらしいが、岩崎家が入手し、英国人ジョサイア・コンドルに設計させたもの。

敷地の中には、この洋館のほか、同じくコンドルの手になるスイス山小屋風撞球場(ビリヤード場)や財界の大立物たちの屋敷を手がけた大河喜十郎が作り上げたといわれた和室が同じ敷地内に点在している。

とにかく、この洋館、どこをとっても絵になるのが嬉しい。唐紙の壁紙、バルコニーの影、壁のライト、重厚なジャコビアン様式の階段、透明度の高いガラス窓、展示されている切子のグラス、執務用のテーブル、大きな鏡、展示されている百人一首、客室天井のペルシャ刺繍やイスラム風のタイル。

もちろん、洋室に結合された和館も障壁がや障子の明かり、居間に飾られた大きな花や真っ白な牡丹の花。

折りしも土曜の午後にはメインホールでミニコンサートが開催される。ちょうと僕たちがいたときには、「パイプリースト」という慶応大学出身の熟年ジャストリオ+ボーカルのコンサート。非常に聞きやすいスタンダードナンバーを演奏していた。

すっかり長居してしまったので、すっかりお腹がすいてしまった僕たちは池之端の蕎麦やへ。

(旧岩崎邸の写真は「この続きを見る」からどーぞ!)

旧岩崎邸
住所:台東区池之端1-3-45
電話:03-3823-8340


dd20090111-02.jpg
dd20090111-04.jpg
dd20090111-05.jpg
dd20090111-08.jpg
dd20090111-06.jpg
dd20090111-07.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック