FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
トイカメラ
dd20090313-01.jpg

写真好きの人は一度ははまるといわれるトイカメラ。

トイカメラってなに?って言う無知な人間だが、どうやら定義は結構広いらしい。

一つは、それこそおもちゃのカメラ。どんなものがあるんだかよくわからないけど、まあおもちゃ。でも、こんなのを使っている人は居ない。強いて言えば針穴写真か。缶があれば自分でも作れるので、おもちゃのカテゴリーに入るよね。

二つ目が一般的に言われるトイカメラだと思うのだが、いわゆる旧共産圏で作られたチープなカメラ。HOLGAとかシーガルとかがこれにあたるらしい。これが一番人気。

それから三番目が、アンティークカメラとかポラロイド。アンティークといっても、どちらかというと一般大衆向けカメラの中古。たとえばハーフサイズカメラのオリンパスペンとかがこれに当たる。

今風にびしっと撮れるカメラよりも、なんとなくぼけていたり色があせてたり、周りが暗くなったりという、普段の写真とは違って味のあるのがトイカメラの特徴。

ただ、このトイカメラといわれるものたちも、決して安いわけではない。ちょとデザインが良くて人気が出ると、HOLGAですら1万円知覚するのだから、まあ大人の趣味のおもちゃということか。

HOLGAはなんとなく持っていてもいいかなと思うものの、でも、使わないなあと思ったりもする。むしろ、CONTAX Tを修理にだしたので(まだ修理を請け負ってくれるところがあって、見積もりをお願いしたら、1.6万円でやってくれるそう。これは本当にありがたい。)、それが戻ってきたら、おもちゃカメラには全然なら無いけど、散歩カメラにしようかなと思っている。

銀塩は、ちゃんと撮れるカメラの方が僕は好きかも知れない。でも、一度HOLGAは使ってみたいトイカメラではある。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック