FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
劇団☆新幹線 「蜻蛉峠」
dd20090403-50.jpg
au W61CA

東京赤坂のATCシアターで、劇団☆新幹線の「蜻蛉峠」を見てきた。

新感染が好きな人間にとって、染の変わりになる役者の有無によって、新感線は影響を受けるような気がするのだが、もちろん、古田新太、橋本じゅん、高田聖子などのレギュラー陣もいい味出しているのだけれど、華になるゲストがだれというのは大きい存在だ。

で、この蜻蛉峠は提真一と高岡早紀。

まあ、言ってしまえば、提真一の出来のよさが、この蜻蛉峠の出来のよさでもあるような気がする。高岡早紀は、残念ながら今回はミスキャストかなと。ともかくかつぜつの良い台詞回し(一種「舞妓Haaaan!!!」を髣髴とさせるが)、そしてたての立ち回り。染五郎とは又違った絵になる場面場面。

話自体は、なんとも表現し難い絶望感のみが残るのだが、それを比較的からっと仕上げているのが、いのうえ歌舞伎のありようかもしれない。

もちろん、僕の中では「朧」に軍配が上がるのだが、そしてみようによっては、酷評も出来るかも知れないのだけれど、出来の良い芝居であったと思う。

そんな感想を抱きながら、劇場を後にすると、折りしも赤坂サカスの桜坂ではピンクのライトアップ。桜が桜で無くなってたけれど、綺麗な夜景だった。

さて、次に見る劇は、
1.桜姫(現代劇)(シアターコクーン)6月
  脚本長塚圭史、演出串田、出演、古田、勘三郎、大竹しのぶ
2.劇団新感線「蛮幽鬼」(新橋演舞場)10月
  上川、堺雅人
という感じだろうか・・・。

dd20090403-51.jpg
dd20090403-52.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック