FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
写真&ネガ
dd20090503-01.jpg


連休は、部屋の片付け。

一番の問題は、我が部屋にあふれかえっている写真のアルバムと写真とそしてネガ。いらない紙焼は、捨てる。いらないネガも捨てる。そう、なんで捨てるっておもったかというと、以前読んだ片岡義男の文庫本に、「写真は捨てる」って書いてあったのをふと思い出したから。

以前は、どうして撮った写真を捨てられるんだろうと思った。でもね、あまりにも 沢山紙焼がたまりすぎてしまうと、その中から自分で残す写真を選ぶことも必要になるのだろうと。

一枚一枚の写真にその時々のいろんなことが詰まっていて、なんだか捨てられないんだよね。ああ、あの時こんなことがあったっけとか、こんなことしてたんだよなとか。それで、身軽になるために、思い切って捨ててしまってもいいものもあるのかもしれないなって、写真を見ながらそう思った。

たとえば、こんなネガやポジを、スキャナで起こして、画像としてデジタル化したら、ちょっと面白いかもしれない。ふと、自分が写真を撮っているときの気持ちをもう一度思い出したりしながら、そんな作業をしたら面白いかもしれないって、思った。

dd20090503-02.jpg

ついでに発掘した父親の写真。ネガではなくて、カメラを残してくれればよかったのになあと、このポジが撮影された50年後に、自分の息子が思うなってこと、そのときは父親は思いもしなかっただろうなあ。そんなことを考えたら、ちょっと面白かった。

コメント
この記事へのコメント
とても発色の綺麗なフォトばかり。。。
捨ててしまうのは。。。もったいないくらいに^^
私が頂いてしまいたいくらいです^^くすくす・・・

片岡義男という作家の作品&エッセイ
好きです.。.:*・゜☆
2009/05/06(水) 20:04:58 | URL | あや #oYrJRb9Q[ 編集]
私もファンでした(^^ゞ 

最近ではあまり見かけなくなったけど、赤い背表紙の角川文庫、殆ど持っていたかも。若い時はあの独特の世界に憧れておりました。

写真は捨てる・・・ですか。
そうですよね~。もったいないけど、スペースには限りがありますし。何とか、うまい方法が見つかるといいですね。

お父様のカメラ、素敵です(^^)
2009/05/07(木) 13:01:05 | URL | miyu #-[ 編集]
ありがとうございます
あやさん

お褒め頂ありがとうございます。ここに掲載した写真は、一応保存版にしようかと(笑)。

あやさんも片岡義男ご存知でしたか?!我々の世代にはバイブルのような小説やエッセイだったのですが、若い方も読んでいらっしゃるんですね。

写真関係のエッセイもあれこれありますよ。
2009/05/07(木) 22:17:55 | URL | tearecipe #mQop/nM.[ 編集]
片岡義男ファンでしたか!
miyuさん

miyuさんも片岡ファンでしたか。僕も角川の文庫は全て持ってましたが、先日来の書庫整理で1/5まで減りました(笑)。

『コーヒーもう一杯』はいまだにひっくり返して読んでます。

写真とネガは段ボール箱8箱分?!以上ありました。どうにか4箱までへらしましたが・・・。まだまだネガの整理はこれからです。
2009/05/07(木) 22:25:22 | URL | tearecipe #fLxmap9k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック