FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
Mon cher ton ton @六本木
dd20090612-01.jpg
SIGMA DP2

先週同様、部署の食事会。今回は久しぶりに六本木に繰り出し?!、瀬里奈の系列のMon cher ton tonで鉄板焼ディナー。

Prix Fixe Dinnerというコースで、冷製、温製、メインはそれぞれチョイス。チョイスだけど、皆食べたい(笑)。

冷製
 めじまぐろさしみ
 めじまぐろカルパッチョ
 超特撰牛さしみ
 かにとアボカドのサラダ
 ホワイトアスパラガスとトマトのサラダ

僕はホワイトアスパラと、かにとアボガドのサラダと相当まよっやのだが、結局かにとアボガドのサラダをチョイス。蟹のフレークがアボガドの上に乗っているというシンプルな前菜だけど、酢を使ったドレッシングと蟹フレークとアボガドの間に敷かれているグレープフルーツがなかなかマッチして美味しかった。

温製
 フォアグラの鉄板焼 
 岩がき鉄板焼
 鮎の鉄板焼
 夏野菜の鉄板焼
 舌平目の鉄板焼
 帆立貝の鉄板焼
 エスカルゴのブルゴーニュ風

これもフォアグラと岩牡蠣を迷ったのだけど、岩牡蠣に。大きな殻つきの牡蠣が持ってこられ、身だけ少し小麦粉をつけてバターでソテー。紅葉ポン酢で食べるのだけど、僕はないもつけずにそのまま。いやあ、牡蠣はうまい。こんど、生牡蠣買ったらこんな食べ方してみようかな。

メイン
 伊勢海老
 あわび
 サーロインステーキ 
 テンダーロインステーキ 

そしてメインはもちろんサーロイン。焼き方はレアで。岩塩、たまねぎ醤油、アーモンド醤油が用意され、どれをつけて食べてもいいというのだが、岩塩が一番うまかった。

これに、通し(長いも豆腐)、ガーリックライス、デザート、コーヒーが付く。コーヒーは、別に用意されているサロンスペースに移動するのだが、なんともバブル時期を彷彿とさせる。

dd20090612-10.jpg

確かに、店の前には黒塗りの車が何台も並んでいるし、おじさま方が若い女の子同伴できているのが、おお!僕とは無縁の世界だって、なんだか感動してしまった。50代後半のおじさまたちが20代の若い女の子と食事している図というのは、なんだか見ていて恥ずかしいなあって思ってしまった。銀座とか六本木のバーなんて、それこそ昔数度行ったきりで、ましてやそこの常連になって、同伴出勤なんてことをする風習など、今の僕にはありえないから、なんだか別世界の出来事のように見えた。いろんな世界があるんだなあ(笑)。

いまどきの高級クラブの若い女の子たちは、そんな女の子たちとそんな話してもねえ・・・。多分、経済界の偉い人たちが行くような、それこそ一回何十万もする銀座の高級バーのお姐さんたちは、そんな感じなのかもしれないね。ふーん、なるほどなあって思うけど、でも、ぜんぜん見知らぬ女の子と飲んで楽しいのか?なんて思ったりする。まあ、何度も言うが、無縁の世界なので、触らぬ神にたたりなし(爆)。

ともかく、久しぶりの六本木。美味しいご飯だった。

(料理写真の続きは、「この続きを読む」からどうぞ!)

Mon cher ton ton
住所:東京都港区六本木3-12-2
営業:平日 17:00~23:00/土・日・祝日 17:00~22:30
定休:年末年始
HP: http://www.seryna.co.jp/restaurants/moncher/index.html


dd20090612-03.jpg
dd20090612-04.jpg
dd20090612-05.jpg
dd20090612-02.jpg
dd20090612-06.jpg
dd20090612-07.jpg
dd20090612-08.jpg
dd20090612-09.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック