FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
3月~9月のReading Tracks
dd20090917-01.jpg
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

今年は本を読むペースがめっきりダウンしている。1月2月のReading Tracksのあと、数回読んだほんんのことを書いたけど、ぜんぜんフォローできていないので、3月以降、この半年に読んだ本のおさらい。

『ネコソギラジカル』(文庫版) 西尾維新
『クビシメロマンティスト』(文庫版) 西尾維新
『お茶と写真の時間』 藤田一咲
『交換レンズの愉しみ』 田中希美男
『1Q84』(上下)村上春樹
『MW』 司城志郎
『偽物語(下)』 西尾維新
『ペダルの向こうへ』 池永陽
『神の守り人』(上下) 上橋菜穂子
『空色ヒッチハイカー』 橋本紡
『東京公園』 小路幸也
『金のゆりかご』 北川実歩
『No.6 #1』~『#5』 あさのあつこ
『どれくらいの愛情』 白石一文
『私という運命について』 白石一文
『不自由な心』 白石一文
『遊戯』 藤原伊織 

うーん、冊数で24冊か・・・。
月平均4冊・・・。
なんとも情けないペース。
まあ、冊数だけ沢山読めばいいわけではないけどね。

一番気に入ったのは、なぜか『東京公園』かな。
なんとも奇妙なストーリーなんだけど。

そして白石一文に少し傾倒しつつある。
近々文庫になっている彼の小説は読破予定。

そういえば、他にもあれこれ読みたい新刊本があるのだけれど、
まだ手がつけられない。
秋はすこし読書だな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック