FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
山の上ホテルのこと
dd20091028-01.jpg
SIGMA DP2

今日は有名な山の上ホテル(御茶ノ水)へ行った。
もちろんランチミーティング。

ここは良く、作家が缶詰になって作品を仕上げるホテルとして有名。
さすが、山の上ホテル、なんとも古めかしくて伝統あるホテルという感じ。
さすがにお仕事なので、写真を撮るわけには行かず、かなり残念(笑)。
ランチ自体は、安いコースを頼んでしまったので、たいしたこと無かったけど、
ここはいいなって思った。

去年奈良ホテルに泊まったのだけど、
あそこの古さとはまた違った格式のようなものがある。
東京の中では、なかなかいい感じ。
近代的なホテルも快適でいいけど、
こういう古めかしいホテルもいい。

いちど、有名作家のように、ここに缶詰になってもいいかなんておもった(笑)。
が、しかし、何で缶詰になるんだ?

ところで、こういうホテルをのぞいてしまうと、
鄙びた温泉の古いけど格式のある宿とか、
神戸当たりのおしゃれで料理のおいしいプチホテルとか、
あるいは、熊野とかの山奥の秘湯の宿とか、
そんなところを旅行したくなる。

新潮社の文芸雑誌Yom Yomの10月号を読んだが、
そこに「誰もがすなる日記」という特集があって、
池内紀が『旅日記のつくり方』というのを書いていた。
それ読んだから、余計にふらりと電車とバスを乗り継いで
一人で見知らぬ場所へ出かけたくなった。

dd20091028-02.jpg


コメント
この記事へのコメント
ランチミーティングで山の上ホテルなんて、いいなぁ~うらやましい!
あすこの天ぷらは最高です。
高くて高くて、もう二度と食べに行けないだろうけども。

なんとなく薄暗く、
時間流れが外とはちょっと違うような不思議なホテル。
誰かの過去の記憶の中に入り込んじゃったかな・・・と錯覚してしまうほど。
2009/10/30(金) 21:30:58 | URL | あやぺー #-[ 編集]
あやぺーさん

まあ、ランチミーティングなので、美味しさを堪能する余裕無く、仕事の話ばかりだったので、今度は料理を堪能しに行きたいものです。

まずロビーの作りがぜんぜん普通のホテルとは違いますね。ほんと、缶詰になってみたいです(何の?!)。
2009/10/30(金) 22:32:21 | URL | tearecipe #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック