FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
長者さんのかくし飴
家傳京飴 祇園小石」の「長者さんのかくし飴」というものを送っていただいた。

八坂神社の前にある飴やさんのもの。

京都で昔からなめられていた飴。とても高価だったのだそうだ。中に入っていたしおりには、次のように書かれている。

「室町時代の狂言のひとつに「附子」(ふす・毒のこと)があります。主人の留守に高価な掛け物を、損じた侘びに主人の大切な「附子」を(本当は水飴)食してお詫びをするという、ユーモラスな狂言にちなんで、麦芽(もやし)水飴に生姜汁・金柑エキスを加えてのどにやさしく仕上げてみました。」

確かに、金柑、しょうが、陳皮などの味がする。おいしい飴だ。こいつをぺろぺろなめていると、なぜか子どもになったような気がする。太郎冠者・二郎冠者になった気持ち!?(笑)

jb20060102-01.jpg

jb20060102-02.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック