FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
手書きの字
Heart
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO 日本民家園

手書きの手紙をもらうことは、とても嬉しい。昔はみんな手書きだったのに、最近は手書きの手紙をもらうことなど、年に一回あるかないかという状況。近況を記したその手書きの字の個性が、なんとも目に心地よくて、ああ、彼は、彼女は元気なんだななんて思ったりする。

手書きの字で一番好きだったのは高校時代のAさんの字。細くて綺麗だった。特に僕が苦手としている縦書きの字は、彼女らしい凛とした、それでいて温かみのあるものだった。しかし、彼女から届く手紙の字のせいで僕はずいぶん自分の字にコンプレックス感じてしまったのだった。そのおかげで、少しは字が上手くなったかもしれないのだが。

考えてみれば、今までで一番沢山読んだ手書きの字は、Sさんと、それから小学校4年から中学3年まで文通してた女の子の字だった。その文通相手の彼女も、今から思うと小学生にしてはきれいな字を書いていたのを記憶している。

うちの嫁の字は下手だ。会社に入ったばかりのときに、彼女が一生懸命丁寧に書いた書類を見た先輩から「もう少し丁寧に書いてね」と言われた経歴の持ち主だ。でもなかなか味のある字で、僕は好きだ。必ずしも、字の良し悪しは上手い下手には影響されない。が、しかし、息子の受験用願書向きではなかったので、もっぱら願書書きは僕の仕事になった(笑)。

作家で友達の駒沢敏器の字もとても特徴のある字で好みの字だ。作家の大先輩の片岡義男にinspireされたらしいけど、書き始めてすぐにすっかり彼そのものになっていた。その字で綴られたミニコミMorgen Roteは、いまだに僕の宝物の一つでもある。

手書きからワープロに移行して変わったのは論文の書き方。兎に角どんどん書いてしまえる利点がある。手書きだとアウトプット前に相当文章を作らなくてはいけない。 勿論時間が限られたそれほど長くない文章の場合は違うのだろうけど、一定以上長い論文の場合は、とにかく書いてしまってからあれこれ切り張りすると、それなりの形になる。むかし、手書きで論文書いてたときは結構しんどかった記憶がある。

大学時代、経済学史の専門家で評論家だった故内田義彦先生に一度論文を見てもらったことがあるが、戻ってきた原稿にびっちりと綺麗な字であれこれ指摘が書かれていて感動したことがあった。こんな風に字が書けるようになりたいなと思ったのに、未だに実現していない。

手書きでなくなった一番のデメリットは誤字脱字の量産率がめっきり上がったこと。これは僕だけのことなのか?意識して字を書くと言うことがほとんどない今日この頃。部下の報告書の修正もワードのコメント機能使ったり直接ワード文章に修正入れている。

それでもメモ魔の僕は仕事の資料だの手帳だのに手書きの字を毎日沢山書いているのだなあと思う。字を意識して書くのは、やはり手紙が一番なんだろう。じっくりと近況などを知らせ合うようなそんな手紙を書いてみたくなった。

が、しかし、そんな手紙を書く相手はなかなか見つからない。




コメント
この記事へのコメント
手書きの手紙
私も手書きの手紙、大好きです。
それこそ若かりし頃、親しくしていた人たちが、
部活で忙しい子だったり、出張が多くてなかなか
会えなかったり‥で、必然的に手紙のやりとりが
多かったのです。
自宅に戻って、机の上に封筒や絵はがきが置いてあると、
妙に嬉しかった思い出が。
今のようにメールはなかったですからねぇ。
2010/01/24(日) 00:36:26 | URL | サンタ #54eKsoAw[ 編集]
懐かしい~!
懐かしいです!Morgen Rote!
文章も文字も、メンバーそれぞれに「らしい」味わいがありましたね(^^)
それに、みんな、イラストも上手だった!

ちなみに、私も願書向きの文字でありませんが・・週末までには投函しなくては(汗)
2010/01/25(月) 20:27:11 | URL | さえ #2uwBvln6[ 編集]
メールの無い時代
サンタさん
あの時代、メールがあったらいろんなことが変わっていたかもしれないと思います。すれ違った二人が会えたりとか、間に合ったこととか。でも、だからこそ手には入った物もあったのかもしれません。手書きの手紙、宝物ですよね。
2010/01/26(火) 18:24:15 | URL | tearecipe #-[ 編集]
自分のページは見たくないです(笑)
さえさん
モルゲンロート、確かに懐かしいですよね。あれを中心に仲間たちが集まって、今から思うと極上の遊びをあんなに若くして経験できたのですから。
あれも全て手書きでしたね。としきの字が一番ミニコミ向きだったなあ。今となっては自分のページだけは見たくないです(笑)
2010/01/26(火) 18:29:37 | URL | tearecipe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック