FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
Reading Tracks 2010年前半
アウトレット
Panasonic DNC-GF1,20mm F1.2

気がつけが何時の間にか今年半分が終わってた
今年前半は、あまり本を読まなかったなあ

5月までは管理組合の理事会役員
4月からは某大学の講義

でも、8月以降は、読書の時間が取れそうなので
あれこれ小説三昧したいものだ

で、今年前半に読んだ本は以下のとおり

『サヨナライツカ』     辻仁人
『さよなら刃』       東野圭吾
『ほかならぬ人』      白石一文
『神様のカルテ』      夏川草介
『使命と魂のリミット』   東野圭吾
『もしも私があなただったら』白石一文
『英雄(上・下)』     宮部みゆき
『永遠のとなり』      白石一文
『ボトルネック』      米澤穂信
『赤い指』         東野圭吾
『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾
『血戦』          楡周平
『だれが彼女を殺した』   東野圭吾
『零崎人識の人間関係1~4』西尾維新
『ブルータスの心臓』    東野圭吾
『1Q84 Book3』      村上春樹
『小暮写真館』       宮部みゆき
『探偵倶楽部』       東野圭吾
『ペンギン・ハイウェイ』  森見登美彦
『うさぎ幻化行』      北森鴻

あとは、昔の本を数冊読み返している
例えば『海辺のカフカ』とか『スプートニクの恋人』とか
『真夜中の五分前 SIde-A,Side-B』とか

でも、今年は東野圭吾おおいなあ・・・。
最近、赤川次郎かしている?(笑)
でも、赤川次郎よりはいいかも

後半は何をよもうか?

まずは、ここを参考に!
のゆき書店




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック