FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
京都の伝統的漬物「すぐき」
「すぐき」という漬物の名前は、今年初めて知った。京都の知り合いがわざわざ自宅の近所の農家が作っているものを送ってくださったのだ。

すぐき菜というかぶと大根を掛け合わせたような植物を、根っこ部分と葉の部分を両方とも樽で付けて、乳酸発酵させたもの。桃山時代に賀茂神社の社家が栽培したのは始まりだとか。門外不出の漬物で、今日の町でも庶民が食べられるようになったのは、明治以降らしい。

冬のこの時期にだけある京都特産の漬物なのだそうで、薄っすらとピンク色の地肌と、なんともいえない独特の風味が食欲をそそる。ちょうど、野沢菜の古漬けのような味わいか。

葉っぱの部分は細かく刻んで、ご飯と一緒に食べると、何杯でもいけてしまう。

まだまだ知らないものが、日本全国にはたくさんあるのだなあと、ちょっと感動。

jb20060211-01.jpg

jb20060211-02.jpg

jb20060211-03.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック