FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
一つの終わりと一つの始まり
FlickrDroid Upload
Sony Ericsson Xperia

普段はほとんど仕事のことはblogなどには書かないのだけれど
僕にとって今日は一つの終わりと一つの始まりなので
ちょこっと記録として残しておこうと思う

何があったのか?
今日2010年10月12日は、大阪証券取引所の中にある
ヘラクレスとジャスダックという2つの新興企業向け市場が
統合されて、新生ジャスダックがスタートした日

僕が会社員になった1983年に新興市場としてスタートしたジャスダックは
その後急成長して取引所の2部市場に並ぶマーケットに成長した
そして東証マザーズ、大証ナスダックジャパンを生むきっかけにもなった

その後取引所化したが、今年昨年大証の傘下に入り
今年4月にはジャスダック証券取引所は大証に吸収合併され
組織としてのジャスダックはなくなった

だが、昨日までは大証の中であっても
ジャスダックという市場は存続してきたわけであるが
京からは、ヘラクレスと合体し、
新たな別物のマーケットへと生まれ変わった

この約27年間
多くの時間をジャスダックのために費やしてきた僕としては
これで本当の終わりなんだと
統合記念の式典に出席しながらそう思った

わが社の中で、最初から最後まで
こんな風に見た人間はほとんどいないだろう
担当課長、担当部長、そして取締役としてコミットした
僕のビジネスキャリアの中で
やはりジャスダック市場の育成はそのメイン業務であったと
そうはっきり断言できる

そのジャスダック市場がある意味
今日幕を閉じた

時代の流れと一言でいえば簡単かもしれないが
大きく育ったと思う一方で
今までのジャスダックがなくなることへの
さみしさというものもやはり感じてしまうのは
長年寄り添ってきた人間としては
やむを得ない感情か

これから新生ジャスダックは
今までと違った強みをもつベンチャーマーケットとして
さらなる発展を遂げて欲しいと
切に願うところだ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック