FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
深大寺松葉茶屋で新そばを食す
DSC_9637
Nikon D200, TAMRON 28^75mm F2.8 MACRO

深大寺というともうずいぶん来ていなかった

最近では「ゲゲゲの女房」で一躍人気になり
鬼太郎カフェなどもできた

門前にお土産屋が並び
周りはまだまだ武蔵野の面影がのこる
趣のある場所だ

まあ、いってしまえば、
いま脚光を浴びている観光地

深大寺は蕎麦の名所でもある

古来から武蔵野の地では高麗帰化人によって
蕎麦が栽培されていたらしく
江戸時代、元禄年間になって、
天台宗関東総本山東叡山寛永寺御門主第五世
公弁法親王に蕎麦切りが献上され
賞賛を得てからと言われている

だから、深大寺蕎麦には結構な歴史があるのだ

いまは山門を中心に
いくつものそば店が軒を連ねている

深大寺蕎麦ランキングなどと
ブログで様々な記事が書かれているが
今回はランク一位の「湧水」は
行列の長さをみてあえなく却下

次席の松葉茶屋か玉乃屋か迷って
松葉茶屋を選んでみた

蕎麦の味が濃く
色も深みがあっておいしいとの評判だったが
まさにそのとおり

新そばだけあって
なんとなく緑を帯びた蕎麦の味は
久しぶりにおいしいそばを食べたなと
感じた次第

もし、また深大寺をうろつくことがあったら
次回は湧水か隣の玉乃屋にこようと思った



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック