FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
秋の色
DSC_9686
Nikon D200, TAMRON 28-75mm F2.8 MACRO

秋の色というと
やはりオレンジ、茶、赤ということになるのだろうか
もちろん、青空の青というのも考えられる

最近写真と撮っていると
原色という色に惹かれるのだけれど
でも、ちょっと淡い
日本古来の色にも
惹かれたりするのだ

黄朽葉色というのがある
まさに秋そのものの色のような名前
ほかにもいろんな秋を想像させる色がある
和の色の名前は
なんと自然に即した命名なんだろう

  黄朽葉色 ■■■
  枯草色  ■■■
  栗色   ■■■
  蒸栗色  ■■■
  洗柿   ■■■
  洒落柿  ■■■
  照柿   ■■■
  枯色   ■■■
  赤朽葉色 ■■■

  
柿の系統の色というのが
案外多いのは
ちょっと新鮮だったなあ

でも、そんな和の色は
写真をよくみれると
その中に少しだけだが
ちゃんとまぎれているのが
なんともうれしい


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック