FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
文房具フェチ
dd20060601-01.jpg

息子がなにやら最近、いろんなシャープペンを集めている。こんなところはとても僕に似ていて、実は僕もひそかな隠れ文房具フェチである。

もちろん、のーとみさんのように、いろんな情報を持っているわけではないが(「男のこだわりグッズ」必見だ♪)、文房具屋に行くたびに、いろんなペンやノートなどを見て回るのが大好き。

先日、のーとみさんから誕生日祝いにもらったノートのセットなど、小躍りするぐらいうれしかった(ノート半分息子に取られたが。)。

実は、筆記用具というのは、いくつあっても飽きないというか、いくつも欲しいと思ってしまう。

最近はもっぱらPCの利用頻度がめちゃくちゃ高いので、文章を書く場合もPCばかりなのだが、今年に入って手帳にペンで字を書くことが増えているのと、いろんな考えをまとめるときは、PCではなく、ペンでノートに書くほうが頭の整理ができるなあと思い始めたこともあり、またぞろペンへの興味が復活した。

万年筆は、だいぶ昔にペリカンのものとモンブランの持っていたのだが、久しく使っていなかったので、両方とも書けない状態。

のーとみさんから教えてもらったペリカンの子供用万年筆が唯一使える万年筆なのだ。

あとは、kazumiさんに教えてもらったuni-ball SigNOの0.28mmペンをこのところ愛用している。

せっかく昇進するのだから、自分で自分にご褒美のために万年筆を買ってあげようかと。

そういえば、先日読んだ小説で、ペンの試し書きは「永」という字がいいんだと知った。それを読んだあと万年筆売り場にいったら、実際に「永」という字があちこちに書かれてたのには、なるほどと思った。

細いペンがすきなのだが、少し太いのも欲しいなと、非常に悩む今日この頃。

本当に文房具は面白く魅力的な世界だ!

     ☆彡     ☆彡     ☆彡

今日のひらた

体重:71.4kg
体脂肪率:22.2%

テニスをし、土曜日に量をへらした割には、日曜日に食べてしまったので、体重は変化無し。今日も夜はタムタムさんのお誘いで中華なので、明日以降、すこし夜ご飯減らさないといけない。ついでに、天気がよければ朝の散歩を復活だ!

公認会計士協会へ行った帰り、九段下まで歩いてしまったのだが、千鳥が渕の緑が綺麗だった。なので、明日あたりは、九段下からお堀端を歩き、大手町へ抜けるコースを歩いてみようか。




kazumi 2006年06月05日 18:58
「永」なるほど、ほとんどの要素が入っていますね。

Signo 0.18 mmを買ったのですが、極細で大きな字を書くと線がかすれるので、使っていると字がだんだんゴマ粒大になっていきます。(^^;;

ナッツ 2006年06月05日 19:07
私はWatermanを愛用しております♪~
好きな文房具で、仕事もはかどる!

・・・。

はずw

Cokin 2006年06月05日 19:11
万年筆よいですよね(^^)まだ1本も持ってないんですけど、このあいだ雫井脩介さんの「クローズド・ノート」という小説を読んでから無性に欲しくなりました
ペリカンにするかビスコンティにするか迷ってます!
ペリカンの子供用万年筆なんてあるんですね!チェックしなきゃです(^^)

のゆき 2006年06月05日 22:15
わたしは持ち手にゲルが入ってるボールペンです。
ゲル。癒される。

かぽりん 2006年06月06日 00:53
子供用ペリカン、とある文筆家の方にもいいよと勧められました。書きやすいみたいですね!彼女はたまにガラスペンも使うらしいです。インクに付ける手間とかが、かえって気持ちをしゃっきりさせるのだとか。手で書くほうが頭がまとまるというの、分かる気がします。

tearecipe 2006年06月06日 09:12
>>kazumiさん
「永」は、Cokinさんが書かれている『クローズド・ノート』という小説にでてきたんです。ほとんどの要素が入っていますが、この字を一つ書いただけでは、今ひとつ書き具合はわかりません。 文章書くのがいいのですけどね。
それにしても、0.18 mmは細すぎませんか。0.28mmでいまのところ十分かな。

>>七姫 (ななひめ)さま
Waterman、いいですね。週末に洗浄したモンブラン、昨日インクを入れて復活しましたが、書き味が今ひとつ・・・。今日は、昼休みにでもペリカンの方を復活させようかとおもってます。でも、インクがない。これ、スクリュー式なんですよ。目の前にいる課長が似たようなスクリュー式の万年筆を使っているので、インクをくすねるかなと(笑)。
書き味はいかがですか?

>>Cokinさん
僕も読みましたよ、『クローズド・ノート』。良い小説でした。
ビスコンティですか。ディヴァイン プロポーションはねじれてて面白いなと思いますが、25万円ですから・・・。ペン先が特徴的ですよね。

ペリカンの子供向けは、こんなのですね。
http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/closeup/CU20050921A/

さすがにデザイン的にちょっと恥ずかしいので、フューチャーというのを使ってます。
http://www.pen-house.net/pen/pelikan/future.htm

>>noyuki(甘)さん
息子がゲルの持ち手のシャープペン何本か持ってますが、僕は持ってません。Dr.なんとかという(笑)持ち手の太いものは、持ってましたが、ボールペンはモンブランの細いのとJASDAQの取引所化記念でもらったロゴ入りのパーカーのボールペンです。

>>かぽりんさん
そうなんですよ、とてもかきやすいです。持ち手がちゃんと子供でも持てるように3点にラバーが張ってあるので、書き心地も良いです。

PCだとどうしても後で直せるからと思って、アウトプットするときに、書き散らかしてそれを機械的に直していくやり方になっちゃうんですよね。でも、ペンでノートに書くと、アウトプットの前に、考えるので、比較的整理された形でアウトプットできるという利点があります。考えるという点からすると、やはりペンで書いた方が、文章がきちんとするみたいです。それに饒舌にならないし(笑)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック