FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
永利、リベンジ成る♪
2年越しでようやく池袋の永利にリベンジがなった。
まえからどうもいつも都合が合わなくて行かれなかったのだ。
たしかに、ディープ&おいしい!お店だった。
中国東北料理なのか?羊系とか唐辛子系とかのメニューも多くて、面白かった。

j20050108-001.jpg

これは定番の空心菜の炒め物。

j20050108-002.jpg

羊肉の水餃子。ほかにも白菜や海鮮の水餃子なども。

j20050108-003.jpg

たまねぎと鶏肉の炒め物。


j20050108-004.jpg

豚肉の黒酢あんかけといった見栄えだが、実はこれは酢豚。

j20050108-005.jpg

だいすきなサンラータン。

j20050108-006.jpg

まったり系のマンゴープリン

j20050108-007.jpg

揚げたてあつあつのごまだんご

他にもたくさんたくさん料理がでて、一人2500円というやすさ!
暗くて手ぶれ写真ばかり・・・。^_^;








コメント
この記事へのコメント
ひらたさん・・・・ここのブログ見るたびに本気でよだれが・・・やばいですよ!
思わず中国or台湾に飛びたくなります。ああ・・・懐かしい味が・・・。
東京はお店がたくさんありそうで楽しげですね。関西の穴なお店も開拓してゆきたものです。
そういえば現地の方ってお茶ありきというよりも食べ物があってそれにあうように(食べ物が楽しめるように)お茶をセッティングするのでしょうか。卵か鶏か的な話かと思いますが、両方あればすごく楽しく嬉しいですよね。
それにしても・・・羨ましいです!おいしそうです。
2005/01/14(金) 02:19:00 | URL | ちぐさん #79D/WHSg[ 編集]
hanacha3さんのページから辿りつかせていただきました。
超タイムリーなことに、
今日、ある方から『永利』が安くておいしいというお話を聞いたばかりで
その方のお話されていた水餃子や坦々麺?
(サンラータンって同じものでしょうか?)が写真で載せられていて
更に行きなりました~!
ひらたさんも、もしや同じ方から教わったのかしらなんて
勝手な想像をしてしまいました。
私も絶対行こう!って思っちゃいました。
おいしそうな写真で夢がふくらむ~!ありがとうございました。
2005/01/19(水) 00:49:00 | URL | akino_ko #79D/WHSg[ 編集]
>>ちぐさん
すいません。食べたもんを張りつける場所なので。(笑)
関西の穴のお店、是非教えてください。春になったら出張つくって行こうかなと思っています。お茶もTPOがあるようですよね著久慈の時は、お酒が多いみたいだけど、食事にあったお茶を出すということも多いでしょうね。もちろん、お茶メインもありきですよね。生活の中に溶け込んでるのでしょう。それは日本でのお茶の役割と同じではないかと。
>>akino_koさん
ご訪問ありがとうございます。永利に連れていってくれたのはお茶なかまの凸ぷうさんという方です。ある方って工藤師匠ですか?最近ぜんぜんご無沙汰なんですよ。
坦々面とサンラータンはちょっと違うんですが、坦々面も美味しそうですよね。中国東北料理とのことですので、結構肉の料理や唐辛子が多かったです。是非行ってみてくださいね。
2005/01/19(水) 08:58:00 | URL | tearecipe #79D/WHSg[ 編集]
そうです。工藤先生から聞きました。
ひらたさんはお茶仲間の方に教えていただいてたんですね。
坦々麺とサンラータン、よく考えると違ってました・・・。
そういえば、サンラータンって酸辣湯って書くんでしたね。
私、辛い料理も大好きなので、是非行ってみたいと思います。(^u^)
2005/01/20(木) 01:39:00 | URL | akino_ko #79D/WHSg[ 編集]
工藤さんの授業は、むかしから、これが中国茶の講習会かあ?というほど、食べ物とかお酒とかのレクチャーがおおかったんですよね。おいしい黒酢とか・・・。だから、フレンチと中国茶のマリアージュとか、中国茶とチーズの組み合わせなんていう内容のイベントや授業があったんですよ。最近はいかがですか?
昨日も、ディープな中華料理にいってきました。後ほどUPします。
2005/01/20(木) 16:41:00 | URL | tearecipe #79D/WHSg[ 編集]
まだサロンが始まったばかりですが、黒酢のお話、ありました!
それに、サロン近くの洋菓子店の話やメゾン・カイザーのパンとか、
先生だけでなく、参加されてる方がみなさん、おいしい食べ物に詳しそうでした。
>中国茶とチーズの組み合わせなんていう内容のイベント
・・・中国茶とチーズ???私にはこの組み合わせの想像がつきません。
でも、すごくチーズ好きなので、またやってもらえないかなぁ。
早速、昨日、永利に行っちゃいました!ホントに現地な雰囲気で、お味も普段食べないような味付けだったりして、おいしくって、量も多めでお腹パンパンで痛くなるまで食べてしまいました!大人数で行くべきでした・・・。今度は大人数で行って今回食べれなかったものを食べたいなぁと思っています。
2005/01/22(土) 18:34:00 | URL | akino_ko #79D/WHSg[ 編集]
akino_koさん
早速黒酢の話しありましたか。ほんと、くいしんぼうなんですよね。工藤さん。ときとして中国茶のはなしより、そっちの話しの方が真剣だったりして・・・。
以前も、そんな話ばかりしてしていて、お茶の素性を尋ねた生徒さんに「平田さん、説明しておいて」とか言われたことがありました。おいおい!(笑)
チーズとの組み合わせ、ちょうどそのころ文藝春秋の「チーズの図鑑」の編集をされていた方がいらしてたのでやったのかもしれませんが、ワインやチーズも工藤さんは結構くわしいですよね。チーズの解説もしてくれながら、それらに合うお茶を探すというのをやりました。最近、僕ももう一度チャレンジしようと思っています。興味を持たれている方が多いみたい。
永利、何をたべましたか?本当にディープなお店ですよね。でも、まだまだ他にもディープなお店があるようですよ。またチャレンジしてみます。
2005/01/24(月) 11:58:00 | URL | tearecipe #79D/WHSg[ 編集]
今頃になってのお返事ですみません!
そうなんです。XianLeのおいしいお茶のサロンの方では、お茶話より
おいしい食べ物の話がたくさん出てきます。チーズの話もあったのですが合うお茶の話はなかったです。これからそんなお話もしてもらえるかなぁ・・・。平田さんもまたチャレンジされた時はブログチェックしていますので紹介してくださいね。
工藤先生に平田さんがよろしく言われてたことお伝えしておきましたよ。
私から平田さんの話が出たせいか先生、少し驚いているようでした。
永利に行ったことをサロンで話し、行った時にもらった出前用?メニューを持って行ったら、工藤先生が、オススメメニューに印をつけてくれました。先日行った時は水餃子・坦々麺・宮爆尤魚・醤大骨・マンゴープリンを食べました。これにビール1杯で、もう、お腹がいっぱいで痛かったです・・・。今度はおすすめメニューを食べにまた行きたいと思っています。でも、Hanakoに永利が載ったと先週聞いたので混んでいるかもしれないので、もう少し間を空けて行こうと思っています。
平田さんもまたディープなお店、紹介してください!
私は、現地の雰囲気・現地の味な感じのお店がすきです。
2005/01/29(土) 20:52:00 | URL | akino_ko #79D/WHSg[ 編集]
工藤さんから葉書がとどきました。「こんど是非遊びに来てください」とのこと。オールアバウトの取材を兼ねて遊びにお伺いしようかなと思っています。
池袋にもう一軒、ディープなお店があるそうで、茶仲間と行こう!と相談していますが、でも、ここもHanakoに載ったそうなので・・・。しばらく様子を見てからにしようかと。
食通の工藤さんにおいしいお店教わったら、是非僕にも教えてくださいね。
2005/01/30(日) 07:35:00 | URL | tearecipe #79D/WHSg[ 編集]
そうなんですか!工藤先生、平田さんに葉書をさっそく出されたんですね。先生はeメールとかはやってないんですかね。葉書ってところがなんだかいいですね。平田さんが工藤先生にお会いするなら、工藤先生から平田さんのお話が聞けるかな。たのしみにしていますね。
池袋のもう1軒のディープなお店、行かれたら教えてくださいね!
私も工藤先生からおいしいお店、教わったらお知らせしま~す。
2005/02/06(日) 17:18:00 | URL | akino_ko #79D/WHSg[ 編集]
akino_koさん
工藤さんのところには、メールもあるらしいですが、ご挨拶状だったので、葉書だったのでしょう。
サロンのHPはここです。
http://www.xiangle.jp/
メールもかいてありますから・・・。
2005/02/06(日) 21:45:00 | URL | tearecipe #79D/WHSg[ 編集]
そうなんですね。失礼しました!
明日は、またサロンへ参加してきます。
どんなお茶が飲めるか楽しみです(^v^)
2005/02/07(月) 23:55:00 | URL | akino_ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック