FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
一杯のスープを飲むことがその日の全てであったとしても
P1070310
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5 花梨 えのきとふかひれのスープ

ANA Intercontinental Hotel Tokyoの花梨は
以前からおいしい中華の食べられるお店として
僕の中にインプットされている

今日久しぶりにその花梨でランチをしてきた

メニューから12品選ぶ点心コースも捨てがたかったのだが
それだとスープが付いてこない
なので、ふかひれスープと海鮮、肉、飯類が
バランスよくついたコースをオーダー

どれもしっかりとした味付けと
香ばしい香の料理で
ああ、久しぶりに中華を作ってみようかなと
思わせる料理たちだった

つまり美味しい料理じゃないと
僕は真似して作ってみようという気には
ならないわけだ

(もちろん真似ができないものの方が
圧倒的に多いのはご愛嬌)

で、ここのお勧めはなんといっても
スープなわけだ

スープはどんな料理でも、
基本であり評価基準になる
スープがおいしくない料理店は
料理もだめだと僕は思っている
しっかりと味のベースになるスープが
作られる料理店こそ
もっともっと評価されるべきなのだ

奥行きのあるおいしいスープは
本当にほっこりさせてくれる
まさにこの花梨のスープは
香りも味もすばらしい
この店にまた来たいと思う理由が
まさにスープにあるわけなのだ

ということで
今日一日がこのスープを飲むことを
目的に費やされたのだとしても
本当に僕は満足だと思うのであった



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック