FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
月が100回沈めば
20060613-01.jpg


『月が100回沈めば』式田ティエン著を読み始める。

「100回・・・」というような表現をした表題の本を最近多く読む。昨日読み出した本は『100万回の言い訳』(唯田恵)だし、以前読んだ本に、『100回泣くこと』(中村航) というのがあった。

100回(あるいは100万回)というのは何か意味があるのだろうぁ。まあ、あんまり意味はないのだろう。沢山というような意味ぐらいか。

しかし、この『月が・・・』は、「このミス」大賞受賞作家第二作目ということで、かの茶木則雄氏が絶賛しているので、購入してみた。「父と子の物語」という点にも興味がある。

少年成長小説とミステリーを融合した作品という触れ込みなので、しかも「ラスト一行に慟哭!」という帯が目を惹く、ちょっと楽しみな本である。

     ☆彡     ☆彡     ☆彡

今朝の記録
体重:70.0kg
体脂肪率:21.2%

ようやくスタートラインである。ここから5kg減らすのが目標。あと2ヶ月ぐらいで5kg減らせるだろうか。一月2kgであればそんなに無理したダイエットという感じではないはずなのだが。

その後の方が大変かもしれない。体重を増やさないようにしながら筋肉をつけたい。筋肉付くと体重は増えるので、しばらくは食事制限を続行するということになる。いつまで続ければいいのか分からないので、とりあえず65kgまで落としたところで考えてみるか。



のゆき 2006年06月14日 21:53
「100万回生きた猫」ってのもありますね。佐野洋子。
泣きますた。

tearecipe 2006年06月14日 22:53
ああ、知りませんでした、『100万回生きた猫』。泣ける本なら読んでみようかな。

あっこ姉 2006年06月15日 08:44
70.0kgおめでとうございます。
体重のストレスは大変だと思いますが、無理なさらず健康でいらしてくださいね。

65kgのさらに素敵なtearecipeさんに早くお会いできますように・・・

kaori 2006年06月15日 13:08
「100万回生きた猫」はウチにあります。
とってもイイお話ですよ。

先生ダイエット頑張ってみえますね~
とっても励みになります。

kazumi 2006年06月15日 20:45
『100万回生きた猫』絵本ですよね。
 ロングベストセラーの絵本だと思います。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック