旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
無いと不安になるもの
P1080009
Panasonic DMC-GF1, LUMIX 14mm F2.5 門前仲町

普段の生活の中で
どうしても持っていないとならないものって
何があるだろう

たとえばモンゴルの遊牧民は
家全体にあるものを数えると
200個程度
一方平均的な日本の家庭にあるものの数は
6000個にも及ぶのだとか

シンプルに生きるということなのであれば
身の回りの物も最低限にすべきなのかもしれない

でも、普段の通勤スタイルを考えてみると
やはりいろんなものを持ち歩いてしまっている

携帯(スマートフォーン)
携帯充電器(交換用バッテリー)
ほぼ日手帳
メモ用RHODIAノート
万年筆、シャープペン、マーカー、ボールペン
Panasonic DMC-GF1 with 14㎜ F2.5
交換用SDカード
UBSメモリー
iPod with イヤフォーン
財布(紙幣、硬貨、各種カードなど)
定期入れ(PASMO定期、身分証明書)
名刺入れ
本(文庫、単行本、あるいは雑誌)
書類を少々
日経新聞(これはデジタル購読に変えようかな)
鍵(自宅、オフィス机ロッカー)
起案押印用印鑑
携帯靴ベラ
目薬
胃腸薬
小タオル
ティッシュ

小型ライト
緊急用犬笛
京都清明神社のお守り

これらの物はスーツのポケットや
通勤用の鞄に収まっている

普段の仕事に必要なものって
このうちのいくつだろう

やはりこのうち
無いと不安になるものは
財布、印鑑、携帯、ほぼ日手帳+4色ボールペンかな
だから、本当は鞄など持たずに
出勤できるはずなのだけれども
ついつい、荷物が多くなる

だけど、やはりGF1は手放せないなあ
こんな状態で
シンプルな生活が送れるのだろうか・・・(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。