旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
論文が書きたい
光の行方
Nikon D200, TAMRON 90mm F2.8 MACRO

またこの4月から某大学の前期講義を受け持つのだが
去年のレジュメなどの再編集や
最新の情報へのリニューアルなど
案外講義開始までに手掛けておかなければならないことは多い

講義名は『リーガル&コンプライアンス』
企業不祥事がなぜ発生するか
それを防止するために何が必要か
さらにコンプライアンスの周辺概念への手を伸ばし
内部統制制度やコーポレートガバナンス
そしてCSRなどへ話を広げる

いずれにせよ
会社とそのステークホルダーとの関係に
焦点をあてて
企業がなすべき行動を探るのが目的

でも、本当は今僕の専門である
投資勧誘における適合性の原則の在り方とか
金融商品取引業者におけるゲートキーパーの役割とか
あれこれ取り上げ論文にまとめたいのだ

30代から40代前半は結構論文を書いた
しかしその後、本業多忙を理由に
全然論文を手掛けていななかった

研究者になるつもりはないのだが
せっかく今の職責にあるのだから
自分の本業に関する問題点を
一度きちんと整理して
様々な問題意識をもってメスを入れていく作業は
一度しておきたいなと思うのだ

大きな課題は目先の問題に忙殺されている現在
どうやってその時間を捻出するかということか


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。