FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
夏の終わりの宇治金時
mixi20060915-01.jpg


もう秋だなあと思うほどに、肌寒い昨日の夜。この夏食べ損なっていた「おいしいかき氷」を食べる会にお誘いをいただいたので、神楽坂の「花」に行ってきた。

ここで名物は杏かき氷らしく、参加者4名中3名がそれをオーダー。でも、僕はかたくなに宇治金時。やっぱ、一度は宇治金時食べないと。

ふわふわのかき氷というのは、本当に久しぶり。最近のかき氷はなんだか氷の塊ばかりで、いわゆる「フラッペ」であることが多いのだが、さすが甘味処の有名店「花」のかき氷は、由緒正しい日本のかき氷だった。

それにしても、どのかき氷も具が盛りだくさん。氷を具ではさみました!みたいな。宇治金時は自家製の粒餡をこれでもかというほど下に敷き詰め、さらに上からもどんと乗せられている。抹茶も自家製の抹茶シロップをつかっているのだそうで、しっかりとした濃い味だった。

杏も同様。煮込んだ杏でおなかが一杯?!というほど載っている。

しかも、この店のおばあちゃん、とてもサービスがいい。「おぼっちゃん方」などと僕らがいわれてしまうほどのお年らしいが(笑)、頼みもしないのに練乳をたくさんかけてくれる。

ミルク杏を頼んだわらいなきこさんの立場はどうなるんだ?と思いつつ、かけてくれるものは拒まない(爆)。

肌寒さなんかすっかり忘れ、おいしいかき氷を満喫したのであった。10月からは粟ぜんざいがおすすめとのこと。絶対に食べにくると決心したのだった。

その後は飯田橋のピザ&スパゲッティのお店に行って旬の秋刀魚のパスタやピザなどを満喫。デザートもおいしくて、うーん、カロリー過多か・・・。
ご馳走様でございました。

mixi20060915-02.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック