FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
面接
jb20070615-01.jpg


転職を決意して、面接を受けてきた・・・





なんてわけはなく(笑)、昨日今日と役員による新卒者の最終面接。

新卒者の面接は今回がはじめて。

今年はかなりの人数の応募があって、最終面接には八人残った。

皆、それなりに勉強してるみたいだけど、付け焼き刃はすぐにわかる。

かなり優秀で人柄も良さそうな男子が三人、文句無く面接に立ち会った役員全員一致で採用決定。

もう一人、育ちが良さそうで、性格がよく素直な男子。
なかなか可愛い(笑)。
彼も採用決定。
おやじころがしがうまそうなのだが、もしかして我々転がされたのか?(爆)
多分女子社員にも人気者になりそうだ。

残る一人の枠を四人で分け合うのだが、残念ながら紅一点の女子が最初に脱落。
面接に来ていながら入社したいという熱意が見えない。
熱意ってだいじだよなあ、やはり。

専門知識なんて入社してから叩き込まれるのだから、むしろ熱意とか自分をいかにアピールできるかが決め手になるのだ。
ただ、気持ちばかり先走ってもダメで、バランス感覚か。

履歴書の字が汚いとマイナスになるというのは、ほんとか?
なんて思ったが、自分が面接官になるとああホントなんだなと。

後は、語学力とか大学時代に打ち込んだことがあるかとか、どれだけアンテナを張れるかとか、柔軟性があるかとか。

選ぶ基準が厳しくなってしまうのは仕方がない。

結局、最後は全員一致で一人を決定。

一人三十分話せば何となく雰囲気が分かるのが面白かった。
この三十分で人生の一部分に大きな影響を与えてしまうのかと思うと責任は重大なのだが。

そんなこをと考えると、面接は受ける方にはなりたくないもんだ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック