FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
このところのいろいろ
5月8日(火曜日)
K君から会社にいきなり電話がかかってきた。彼は小学校、中学校が一緒だった、いわゆる同級生。

しかし、高校で分かれて以来、ほとんど接点がなく、その後一回だけ25年ほど前に中学の同窓会で会ったきり。

にもかかわらず、僕の勤め先を覚えていたらしく「HPに名前があったから今も居るかと思って」と電話して来たのだった。

彼によると、今年は中学創立35周年になるらしい。

「だから、みんなに会えるといいと思って」

なんだかとても彼らしい言動。

25年前の同窓会、確かに僕が幹事だった。

他の連中と会ったのは15年ほど前に、担任だったW先生が亡くなったとき。僕はとある事情でW先生を嫌っていたので、葬儀なんかには出るつもりはなかったのだが、事情を知っているSちゃんに「死んでしまえば、そんなことも消えるんだよ」と諭されて、列席した。

それ以来誰にも会っていないので、本当に久しぶりの同級生の声だった。

K君は今、とある巨大商社で原子力施設を売る仕事をしている。これも、とても彼らしい。

もう一人商社に就職したと聞いたM君は、今ではその商社系の子会社の社長をしていて、有名なブランドの乳母車をオンラインで販売している。

久しぶりに住所録を引っ張りだして来て、みんなに連絡してみるか。

5月10日(木曜日)

スタートしたばかりのプロジェクト、あまりのスタッフの対応能力のなさに行き詰まり、憤る。

でも、意地でも対応してやる。

そんなストレスもあったので、夜スポーツクラブで走った。最初の5分はめちゃくちゃきつかったのだが、その後は、体が軽くなって走りまくる。汗が腕からも噴出して、悪いものが全部体から出て行ったような気分。

ウエイトトレーニングも上半身中心にちょっと重めのウエイトで。不思議なのは、何で体を快感にすると、気持ちも明るくなるんだろう。でも、よい気持ちの切り替え方法が見つかったのはうれしい。

5月11日(金曜日)

外出先の会議から直帰して、TOHOシネマに駆け込む。この日までの『アンフェア』を見る。

映画って、一度見始めるとしばらく続けてみたくなるのだが、しばらく間が開いてしまうと、足が向かなくなる。

この日の鑑賞は、先週『スパイダーマン3』を見た勢い。

篠原涼子がとてもよかったけれど、内容自体はまあこんなものか。まだ続きそうな気もするが、これで終わらせることも可能か・・・。

次は、『パイレーツオブカリビアン』や『そのときは彼によろしく』だな。

それから7月に封切られる『舞妓haaaaan!!』は見ないといけない。阿部サダヲが良い味出してる。堤君もよさそう。


5月12日(土曜日)

池澤夏樹の短編集が出た。ついついその透明感のある文章が好きで購入。

京極夏彦、いつ読むんだろう。

最近は、年下の作家が多くなってきた。でも、どうなんだろうか。個人的には、別に年齢で文のうまさが決まるわけではないので、年下だからといって低い評価になるわけではないのだが、どうも同年代とそれ以下の世代の作家の書く文章は、決定的にどこかで違っているような気がする。時代背景か?

もちろん、同世代とそれより上も違うのだが。

もっとも同年代でも、石田衣良は大嫌いなのだが(笑)。

ともかく、池澤夏樹が1945年生まれの62歳だというのには、めちゃくちゃ驚いた。もっともっと若く思えるのだが。

午前中、テニス。
夜、スポーツクラブ。

依頼を受けている原稿書きやメルマが、京都のおちゃやさんのHP修正、それに本業のプロジェクトのプランニング。

やること盛りだくさん。
忙しい週末になりそうだ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック