FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
Reading Tracks
nj20080116-01.jpg


今年になって、偏った本の読み方をしている。

すでに1月5日の記事にもUPしたが、西尾維新の『刀語』を読み始めてしまったので、西尾維新比率が高いのだが、実は上橋菜穂子の『精霊の守り人』を読み始めてしまって、すっかりはまってしまったのだった。

今日までに彼女の文庫になった本4冊読了。
列挙すると、

 『精霊の守り人』
 『闇の守り人』
 『夢の守り人』
 『狐笛のかなた』

守り人シリーズは、まだまだ文庫化されるらしいので、早期出版を希望!
やはり文化人類学者が書いているだけあって、バックボーンがしっかりしているという気がする。

そのほかでは、『有頂天家族』森見登美彦を読了。
相変わらずいい味だしている。

去年読んだ『きつねのはなし』にしろ『太陽の塔』や『夜は短し、歩けよ乙女』にしろ、独特の雰囲気。

なんか不思議な小説たちだ。

で、このところ、雑誌はカメラ雑誌ばかり。
今年になって『LOVEカメラ』とか『デジタル写真生活』とか。

雑誌だけ読んで写真がうまくなれば言うことないのだが、そう簡単にはいくまい。
やはり週末はカメラ散歩しないとね。

ところで、この『デジタル写真生活』に掲載されている小さな三脚にほれた。
ほしいかも。

でも、その前にGRDⅡなんだけどなあ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック