FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
BRASSERIE POUL BOCUSE 東京大丸
nj20080123-00.jpg


ランチにブラッスリー ポール・ボキューズ大丸東京に行ってきた。

ランチメニューのコース(前菜、メイン、デザート)をオーダー。

予約をしていかないと、なかなか座れない店と聞いていたのだが、今日は雪だったこともあって、昨日とはことなり、行列は出来てなかった。まあ、でも念のため、予約をしていったのだが。

オープンキッチンが見られるのはいいのだが、ややテーブルの間隔がせまく、これはどうにかしてくれと思った。なにしろ、食事中、ずっと隣のおば様方の要らぬ話を耳にしなければならなかったのだから。

場所柄、そして手ごろ感から、年配の女性も多いのだが、女二人でも姦しい。別に女性がすべてそうだとは言わないけれど、大人の女性ならこんなに席がちかいんだから、配慮しろよとも思った。

でも、これはつくりの問題だね。
美女が一人で食事しているのなら許せるんだが・・・。

デパートのレストランの限界か、それとも、他のレストランでも、ランチタイムはこんなものなのか。

料理の詳細は、下のリンクから




nj20080123-01.jpg


僕が頼んだ前菜は、鴨のパテ。
鴨肉にレバーが混ざっているパテだった。
ジビエの国らしく、結構濃い味。
先日の白レバーのペーストはなんとも無かったのだけど、これは結構きつかった。
今日は寒かったので、僕もスープにしておけばよかった。
お国見えているのは、別料金の特製バター。
これとパンの組み合わせは、かなりいけてた。

nj20080123-02.jpg


で、これが同行していただいたN女史が頼んだカリフラワーのスープ。
暖かくて美味しそうなポタージュ。

nj20080123-03.jpg


メインの子牛のソテー。
これはN女史のオーダー。
ポテトと肉の相性もよさそうで、見た目もうまそう。

nj20080123-04.jpg


一方僕は、濃厚な赤ワインソースでやわらかく煮込んだ鳥のモモ。
マッシュルームに小さなたまねぎ、そして肉厚のベーコンが一緒に煮込んであって、かなり濃厚。もっとパンが欲しい!と思ってしまった。
鳥はやわらかくて、フォークでも肉がほぐれるぐらい。

nj20080123-05.jpg


デザートの前に、「別料金でチーズはいかがといわれたのだけれど、赤ワインソースが濃厚なので、ちょっとパス。

で、デザートはクリームブリュレ。
コーヒーが別料金。

うーん、別料金が多いのは、ベースの金額が2000円台だから?
まあ仕方が無いのだけれど、やはりデザートに最後のコーヒー紅茶はセットにして欲しかった。

フレンチは、こういう風に濃厚なんだね。



BRASSERIE PAUL BOCUSE

東京都千代田区丸の内1-9-1
グラントウキョウノースタワー12F
03-5218-2211
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック