FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
苺スイーツディナー
nj20080125-01.jpg


新宿タカノのフルーツパーラーで、平日の夜に食べることの出来るというフルーツコースというのを堪能してきた。

いまはちょうど苺のシーズンなので、「紅ほっぺ」という名前の苺をふんだんに使ったスイーツがなんと2500円で食べることが出来るのだ。

ウエルカムドリンクのフルーツジュースは、苺、マスクメロン、ミックスフルーツ、ワインの中から選ぶことができる。苺をえらんでしまったのだが、これはすぐ出される苺のスープとかぶるので、最初はメロンあたりをオーダーするのがよさそうだ。

最初のオードブルは、苺と海老の生春巻きなど三品。このあたりでは、「ああ、これは女性用ポーションだな」なんて、余裕綽々。

nj20080125-02.jpg


次のスープは、見た目とても綺麗で、苺の果肉もはいって美味しいのだが、先に書いたように、苺ジュースともろかぶる。

これをスープとして出すのなら、苺ジュースはオーソドックスな苺ミルクあたりにすればいいのにと思う。

(この続きは「続きを読む」をクリック!)

nj20080125-03.jpg


さて、次がメインなのだが、サーモンソテーにバジルソースと苺ソース。りんごのみじん切りがサーモンには乗っている。これはなかなかおいしい。苺ソースとバジルソースの相性はあまりよくないが、サーモンとはそれぞれにマッチするので、混ぜないでそれぞれで楽しむのがよさそうだ。

nj20080125-04.jpg


次に、フルーツの盛り合わせ。
苺はもちろんのほか、パパイヤ、梨、オレンジ、グレープフルーツ、スイカなど、様々なフルーツが食べやすいようにお皿に盛られている。にぎやかな一品だ。

これがデザートだろうと勝手に想像して、これでコーヒーだと、ちょっと少ないなあと思ったのだが、口に出さないでよかった。ここからが苺スイーツの佳境に突入する。

nj20080125-05.jpg


とりあえず、先の失敗を挽回するために、こんどはメロンジュース。うーん、ジュースは、デパートのジューススタンドの者のほうが好み。

nj20080125-06.jpg


次に出てきたのは、苺のグラタン。これはカスタードクリームの乗った苺が入っている。生地まで食べられてしまうのだが、そろそろおなかが一杯になってきた。

ところが、まだこのグラタン用のスプーンやフォーク以外のものがいろいろとあるのだ・・・ということは・・・。

nj20080125-07.jpg


次は、グラスに入った苺ソースを持ってきた「もこみち風」のイケメンのお兄さんが、ボトルからシュワーッと不思議なものをグラスの中に噴出したデザート。

苺のムースのようなデザート。甘酸っぱくて、おいしいデザートだった。柄の長いスプーンでいただく。

nj20080125-08.jpg


そして次がこれ。

小さなケーキなどがあれこれのったスイーツディッシュ。

nj20080125-09.jpg


焼きりんご、ショコラ、チーズケーキ、苺ゼリーなどなど・・・。
もうこの辺でグロッキーに近い。

コーヒーがでて、ほっと一息。

nj20080125-10.jpg


そして駄目押しが、苺のジェラート。
冷たくてさっぱりとして、最後の一品としては最適。

こうして苺尽くしのディナーは終了。
これで本当にこの値段?
これは絶対にお徳だよね。

でも、当分苺は見たくないかも。

隣では、フルーツバイキングがあるという。
それもまたそれでみりょくてきではあるが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック