FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
血筋の顔
nj20080131-01.jpg


昔から自分の顔の中に親父の顔に似ていない部分を探しては、良かったと思ってきた。親父の生き方が好きではなかったから。でも、最近どんどん親父の顔に似ている部分が多くなった。

今週、伯母の葬儀にいって、祭壇に飾られた写真をみて愕然となった。彼女はなんて父親に似ているんだ。いや、親父が彼女に似ているのか。

そして喪主を務めた父親のすぐ上の兄であり、僕にとっては伯父の顔を改めて見て、さらに愕然とした。

ああ、これは血筋の顔なんだ。

伯母の葬儀の後に、伯父から数枚の写真を見せてもらった。

そこには、祖母を中心に後方に父親の兄弟が並び、祖母の横には僕たち姉弟と従兄妹が並んでいる。一昨年無くなった一番上の伯母以外、なんと祖母に似た顔をしているんだろう。こんなにも、血筋は顔に出るものなのかと思った。

葬儀で見た親父の家族に囲まれたその写真に写る幼い僕の顔は、そのときはまだ祖母の血筋の顔ではなく、母系の顔であった。

なにか少しだけほっとした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック