FC2ブログ


旅の記録、日常の記録、ふと気になったものたちなど、そんなものを切り取ってみた
イル・プリモ at 中野
nj20080215-01.jpg


3月にお台場の東京カルチャーカルチャーで中国茶トークイベントを開催することになり、その打ち合わせのために、のーとみさん、ほりきりさんと中野のイル・プリモというイタリアンレストランにいった。

ここは、よしながふみの本に掲載されており、店構えやお店のサービスはいまいちだけれど、味が美味しいという口コミがあちこちで見られた店であった。

実際に予約の電話を入れたときに出たおにいさんの無愛想なこと。実際にサーブしていた彼なんだろうけど、その無愛想さは、食事にはあまり邪魔にはならなかった。べたべたとした過剰なサーブよりもよほど潔く、逆に気持ちがいいほどだった。

で、打ち合わせといいつつも、料理にすっかり気をとられる結果に。一皿ごとに、「おいしいねえ!」という言葉が漏れるほど。

店の中はとても狭くて、18席程度しか用意されていない。それでもどのテーブルも埋まっていた。

パスタをいろいろと頼んだのだが、どれもかぶらない味わい。
お会計も明朗で、3人で鱈腹デザートまで含めて、一人5000円。
ご馳走様でした!

写真は、魚介のサラダバジリコ風。
様々なボイルドされた魚介類海をバジルソースで合えたものだ。
海老・帆立・イカ・タコがとにかくもりもり入っていて、それを少し甘味のあるバジルソースが覆っている。

バゲットを頼んでソースを最後まで食べてしまったのはいうまでもない。

イル・プリモ(IL PRIMO)
住所:中野区中央5-46-5 池田ビル 1F
電話:03-3384-3981

続きの料理写真は「この続きを読む」からドーゾ!

nj20080215-04.jpg


バゲットにレバーペーストを乗せたもの。4枚。
ぜんぜんレバー臭くなくて、レバー嫌いの僕も、「もしかしたらレバー好き?」と思ってしまうほど。

ワインはハウスワインのデカンタ。
とても飲みやすいイタリアワイン。

nj20080215-02.jpg


スバゲッティーうに和えサルディニア風(手前)
フィットチーネパスタエビクリーム(奥)

さすがに那覇のいだこ亭までは行かなかったけれど、なかなか味わい深いうにパスタ。
エビクリームは、エビのエキスがこれでもかという感じ。でも重くない。

nj20080215-03.jpg


リゾットポルチーニ

ポルチーニだけがたんまりと入った、おいしいリゾット。
リゾットというと、ついつい飽きてしまうんだけど、これはもっともっと食べたいぞ!と思ってしまうほど。ポルチーニ茸の香りがとても豊かな一品。

nj20080215-05.jpg


ファッファーレパスタエビリコッタチーズシラクーザ風

エビのスパゲッティーと味がかぶるかなと思ったのだけれど、全然そんなことはなく、チーズとエビの味わいがとてもマッチしたパスタだった。茹で具合も絶妙。

nj20080215-06.jpg


そしてデザートはアップルパイを。
デザートの種類もあれこれあってうれしい限り。
で、このアップルパイ、久しぶりに「アップルパイって美味しいじゃないか!!!」と思うほど。

いやあ、本当に美味しかったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック